RANKINGランキング

  • 1位

    屋那覇島(やなはじま)

     伊是名島の南側に位置する無人島です。海の透明度は抜群で、釣りスポットとしても人気が高いです。また、野生のヤギやウサギも見ることができます。毎年3月上旬頃には、北東部の桟橋付近から東側を見ると、沖縄本島最北端の国頭村の安須森(アシムイ)付近から太陽が昇りますが、知る人ぞ知る、沖縄県でも随一のサンライズビューポイントとなっています。

  • 2位

    リリーフィールド公園

     毎年4月下旬から行われる伊江島ゆり祭りには約20万球、100万輪のテッポウユリが咲き誇り、辺り一面はユリの香りに包まれます。その様子は、正に純白のじゅうたんを敷きつめたように見事です。

  • 3位

    潟原(かたばる)の干潟

     沖縄本島北部で最大規模を誇る干潟で、条件が揃えば、ボリビアのウユニ塩湖のように、水面が鏡のように反射して、美しい風景が見られることでも有名です。

  • 4位

    おきなわワールド/玉泉洞(ぎょくせんどう)

     巨大な鍾乳石が林立する「東洋一洞」やリムストーンが美しい「青の泉」と「黄金の盃」、精緻な鍾乳石が折り重なる「白銀のオーロラ」など多彩な見所が満載です。

  • 5位

    泡瀬ビジュル

     子宝祈願や無病息災に御利益があると、沖縄本島一円で信仰を集める拝所です。社殿や鳥居などは戦前にコンクリートで建造されたもので、当時の建築技術を知る上でも貴重な文化財です。

  • 6位

    ヌヌマチガマ

     沖縄戦時に、野戦病院壕として利用されていたガマで、白梅学徒隊もここで働いていました。現在、平和教育などのために一般公開されていますが、元白梅学徒隊の中山キク氏がどうしても後世に伝えてほしいという言葉は、戦争こそは人類最大の不幸であるということです。

  • 7位

    フボー(クボー)御嶽

     琉球開闢(かいびゃく)神話にも登場する神々が天下りされる七御嶽の一つで、何人たりとも出入りを禁じるほど久高島において最も重要な聖地です。

  • 8位

    糸数アブチラガマ

     沖縄戦時、実際に利用された壕を見学することができます。中は一切光が届かない暗闇で、この暗闇で避難者がどのようなことを考えていたのか、ガイドの説明を交えながら追体験することができます。

  • 9位

    ニライカナイ橋

     久高島を始め、太平洋を一望できる、沖縄本島南部でもトップを争う絶景スポットです。

  • 10位

    具志頭遊歩道(ホロホローの森)

     森のある沖縄島南部は、サンゴ礁由来の石灰岩の弱アルカリ性土壌で、北部のやんばるの森(非石灰岩地)とは違う特有の植物を見ることができます。

  • 11位

    クラシンウジョウ壕

     
    ①見どころ
     自然洞穴を利用した旧日本軍の陣地壕で、壕内の岩肌には坑木を設置した跡が残っています。

  • 12位

    大見謝(おおみじゃ)ロードパーク

     大見謝川の河口に整備されたマングローブの中を進む遊歩道です。海を見渡せる展望台もあり、身近に西表島の自然を感じることができるのが魅力です。橋の下の沢では川遊びもできる人気のスポットとなっています。

  • 13位

    具志川島

     伊是名島の北側に位置する無人島です。手付かずの自然が残っており、海の透明度も抜群で、器具さえあればキャンプもできます。

  • 14位

    慶座(ギーザ)地下ダム

     八重瀬町の農業の生産性を飛躍的に向上させた地下ダムです。

  • 15位

    慶座バンタ(ギーザバンタ)

     慶座バンタ(ギーザバンタ)は、隆起した琉球石灰岩丘陵が作り出した絶景スポットです。その一方で、沖縄戦時に、追い詰められた軍人や非戦闘員がこの崖から身を投げたという悲しい歴史を背負っています

  • 1位

    リリーフィールド公園

     毎年4月下旬から行われる伊江島ゆり祭りには約20万球、100万輪のテッポウユリが咲き誇り、辺り一面はユリの香りに包まれます。その様子は、正に純白のじゅうたんを敷きつめたように見事です。

  • 2位

    ニライカナイ橋

     久高島を始め、太平洋を一望できる、沖縄本島南部でもトップを争う絶景スポットです。

  • 3位

    屋那覇島(やなはじま)

     伊是名島の南側に位置する無人島です。海の透明度は抜群で、釣りスポットとしても人気が高いです。また、野生のヤギやウサギも見ることができます。毎年3月上旬頃には、北東部の桟橋付近から東側を見ると、沖縄本島最北端の国頭村の安須森(アシムイ)付近から太陽が昇りますが、知る人ぞ知る、沖縄県でも随一のサンライズビューポイントとなっています。

  • 4位

    古宇利大橋

     眼下にはキラキラ輝く海面がダイレクトに眺められ、海の上を散歩しているような気分になります。

  • 5位

    おきなわワールド/玉泉洞(ぎょくせんどう)

     巨大な鍾乳石が林立する「東洋一洞」やリムストーンが美しい「青の泉」と「黄金の盃」、精緻な鍾乳石が折り重なる「白銀のオーロラ」など多彩な見所が満載です。

  • 6位

    潟原(かたばる)の干潟

     沖縄本島北部で最大規模を誇る干潟で、条件が揃えば、ボリビアのウユニ塩湖のように、水面が鏡のように反射して、美しい風景が見られることでも有名です。

  • 7位

    泡瀬ビジュル

     子宝祈願や無病息災に御利益があると、沖縄本島一円で信仰を集める拝所です。社殿や鳥居などは戦前にコンクリートで建造されたもので、当時の建築技術を知る上でも貴重な文化財です。

  • 8位

    おきなわワールド/ハブ博物公園

     ハブに関する展示物を始め、「ハブとマングースのショー」、「白ヘビとの記念撮影」、「沖縄の生き物たち」などユニークな企画も楽しめます。

  • 9位

    フボー(クボー)御嶽

     琉球開闢(かいびゃく)神話にも登場する神々が天下りされる七御嶽の一つで、何人たりとも出入りを禁じるほど久高島において最も重要な聖地です。

  • 10位

    糸数アブチラガマ

     沖縄戦時、実際に利用された壕を見学することができます。中は一切光が届かない暗闇で、この暗闇で避難者がどのようなことを考えていたのか、ガイドの説明を交えながら追体験することができます。

  • 11位

    ヌヌマチガマ

     沖縄戦時に、野戦病院壕として利用されていたガマで、白梅学徒隊もここで働いていました。現在、平和教育などのために一般公開されていますが、元白梅学徒隊の中山キク氏がどうしても後世に伝えてほしいという言葉は、戦争こそは人類最大の不幸であるということです。

  • 12位

    垣花樋川(かきのはなひーじゃー)

     晴天時には、東側にコバルトブルーの海岸と久高島が見える素晴らしい景勝地です。

  • 13位

    安須森御嶽(辺戸御嶽)

     安須森御嶽は琉球開闢七御嶽の一つであり、アマミキヨが初めて降り立ったいわば天孫降臨の地で、沖縄最高の聖地です。アマミキヨは琉球の始祖でもあるので、参拝することにより、子孫繁栄や無病息災といったご利益を授かることもできるといわれています。辺戸岳からの眺望は、沖縄一といっても過言ではない絶景です。

  • 14位

    ハクソー・リッジ(前田高地)

     沖縄戦をテーマにした映画『ハクソー・リッジ』(2016年)の舞台ともなった場所です。第89回アカデミー賞で録音賞と編集賞を受賞。アメリカ本国での公開後は多くの人々がこの地での戦いに関心を持ち、日本人・外国人を問わず足を運ぶ人が増えています。

  • 15位

    一番街商店街

     沖縄で初めて誕生した、そして現在でも沖縄県内で最大規模のアーケード街です。

  • 1位

    ウニギラマの伝説とうふなー橋の碑

     渡嘉敷港から阿波連(あはれん)に向かう途中の渡嘉敷集落の外れにあり、古くから渡嘉敷島に伝わる「大谷辻」の歌碑と渡嘉敷島に住み、村のために尽力した力持ちの大男の民話「ウニギラマ伝説うふなー橋」の記念碑が並び建てられています。
    うふなー橋の記念碑の左手に架かる茶色の石は、実際にうふなー橋に架けられたといわれています。

  • 2位

    潟原(かたばる)の干潟

     沖縄本島北部で最大規模を誇る干潟で、条件が揃えば、ボリビアのウユニ塩湖のように、水面が鏡のように反射して、美しい風景が見られることでも有名です。

  • 3位

    ハナンダー

     地元で「ハナンダー」と呼ばれる琉球石灰岩により形成された天然の橋で、古くから交通の要所として利用されてきました。このような天然にできた橋は国内では唯一ここだけで見ることができます。

  • 4位

    真玉橋のアガリヌシーサー

     全体的に丸みがあり、柔らかな顔をしたシーサーです。現在でも災いから住民たちを守り続けています。

  • 5位

    真玉橋のイリヌシーサー

     口を大きく開け、迫力のある顔をしたシーサーです。

  • 6位

    ニライカナイ橋

     久高島を始め、太平洋を一望できる、沖縄本島南部でもトップを争う絶景スポットです。

  • 7位

    慶伊瀬島(ナガンヌ島)

     慶伊瀬島を形成する3島の中では唯一宿泊施設が整備された、いわばリゾートアイランドとなっています。整備された桟橋から見るナガンヌ島の白砂ビーチと慶良間ブルーのコントラストは、比較的容易に赴くことができるインスタ映えスポットです。

  • 8位

    比地大滝つり橋

     沖縄県内で最大の落差、水量を誇る比地大滝への遊歩道の中間地点にあるインスタ映えスポットです。

  • 9位

    浦添市美術館

     16世紀から現代までの優れた琉球漆器コレクションを中心に、日本や周辺諸国の漆器を収蔵し、展示公開する常設展示室(5室)を設置する漆芸専門の美術館です。収蔵品は県・市の文化財指定や、2019(令和元)年に日本遺産に認定されました。また、漆器以外にも国内外の優れた美術作品を紹介する企画展示室(3室)も備えており、年間を通して絵画や写真、書道ほか多彩な企画展事業を実施しています。毎年ゴールデン・ウィークには葛飾北斎が琉球を描いた浮世絵「琉球八景」の特別展を開催しています。さらに、著名な設計士・内井昭蔵氏の手による塔や屋根が特徴的な建築も見どころの一つとなっています。

  • 10位

    阿波連の力石

     ウシアゲモー御嶽(現在の阿波連生活館の庭)にある重さ70㎏の卵型をした石です。

  • 11位

    クバンダキ展望台

     阿波連ビーチの西側にある展望台で、南西に突き出している場所にあるため海の見晴らしが最高です。左側には阿波連ビーチ、正面にはハナリジマ、右側には座間味・阿嘉島を見ることができます。

  • 12位

    アーニーパイル記念碑

     記念碑は広々とした敷地内に建立されていますが、アーニーパイル氏が日本軍の弾に打たれて亡くなったのは、この場所であるとされています。

  • 13位

    リリーフィールド公園

     毎年4月下旬から行われる伊江島ゆり祭りには約20万球、100万輪のテッポウユリが咲き誇り、辺り一面はユリの香りに包まれます。その様子は、正に純白のじゅうたんを敷きつめたように見事です。

  • 14位

    祖納集落

     祖納集落内には、多くの史跡や貴重な文化財が点在しており、集落内の石垣や暴風林は歴史の趣を感じさせます。特に夜の祖納集落内での散歩は、歴史的な重厚感の中にも月明かりと虫の声、前泊海岸の波の音に包まれながら、日頃の喧噪を忘れゆっくりと流れるひとときを感じるのもお勧めです。

  • 15位

    奥の茶畑・奥製茶工場

     日本一早い茶摘みが行われる奥の茶畑と、集落内にある製茶工場です。

トップへ戻る