SPOTスポット

受水井(うきんじゅがー)

 地域の人たちに利用されてきた古井戸で、現在も枯れることなく新鮮な水が湧き出しています。

住所

〒901-2405
沖縄県中城村屋宜

受水井(うきんじゅがー)

 地域の人たちに利用されてきた古井戸で、現在も枯れることなく新鮮な水が湧き出しています。

 受水井(うきんじゅがー)は、村道吉の浦線沿い、中城小学校の体育館側にあり、ムラガー(村井戸)とも呼ばれています。かつては産水や正月の若水にも利用されるなど、重要な井戸(ガー)の一つです。水道が普及する近年まで、集落の水源として人々の生活と深く関わってきました。現在もなお枯れることはほとんどありません。

 戦後一時期は近くにある中城小学校までパイプを通して、子供たちの飲み水としても利用されていました。

 地域の聖域で年中行事でも拝まれている場所ですので、見学する際はゴミのポイ捨てや拝みの邪魔になる迷惑行為は行わないようにしてください。

 受水井(うきんじゅがー)は、村道吉の浦線沿い、中城小学校の体育館側にあり、ムラガー(村井戸)とも呼ばれています。かつては産水や正月の若水にも利用されるなど、重要な井戸(ガー)の一つです。水道が普及する近年まで、集落の水源として人々の生活と深く関わってきました。現在もなお枯れることはほとんどありません。

 戦後一時期は近くにある中城小学校までパイプを通して、子供たちの飲み水としても利用されていました。

 地域の聖域で年中行事でも拝まれている場所ですので、見学する際はゴミのポイ捨てや拝みの邪魔になる迷惑行為は行わないようにしてください。

〒901-2405
沖縄県中城村屋宜

トップへ戻る