SPOTスポット

上津覇(いーちふぁ)ヌ嶽

 かつて津覇の集落の一つである上津覇(いーちふぁ)があった場所にある、集落の重要な拝所の一つです。

住所

〒901-2413
沖縄県中城村津覇

上津覇(いーちふぁ)ヌ嶽

 かつて津覇の集落の一つである上津覇(いーちふぁ)があった場所にある、集落の重要な拝所の一つです。

 上津覇ヌ嶽は、津覇集落の西側の丘陵地帯に位置し、近くには県営中城団地があります。この付近は、かつて字津覇の古島の一つである上津覇(いーちふぁ)があったといわれています。以前の拝所は、イーチファヤマ(上津覇山)の頂上付近にあり、小さな石製の祠があったといわれています。しかし、1983年に行われた土地改良事業に伴う採土により一時的に移動され、山が削られ平坦地となった現在地に移されました。現在は、「上津覇拝所 建立昭和五十九年十二月」と記されたコンクリート製の祠となっています。

 『琉球国由来記』(1713年)に「上津覇ノ嶽」(神名は津覇コダカネモリノセジ御イベ)と記されていることから、約300年以上の歴史を持つ拝所であることがうかがえます。戦前は、ムラの年中祭祀でも祈願が行われました。

 御嶽はかつて住んでいた人々にゆかりのある門中(一族)で拝まれている場所ですので、見学する際はゴミのポイ捨てや拝みの邪魔になる迷惑行為は行わないようにしてください。

 上津覇ヌ嶽は、津覇集落の西側の丘陵地帯に位置し、近くには県営中城団地があります。この付近は、かつて字津覇の古島の一つである上津覇(いーちふぁ)があったといわれています。以前の拝所は、イーチファヤマ(上津覇山)の頂上付近にあり、小さな石製の祠があったといわれています。しかし、1983年に行われた土地改良事業に伴う採土により一時的に移動され、山が削られ平坦地となった現在地に移されました。現在は、「上津覇拝所 建立昭和五十九年十二月」と記されたコンクリート製の祠となっています。

 『琉球国由来記』(1713年)に「上津覇ノ嶽」(神名は津覇コダカネモリノセジ御イベ)と記されていることから、約300年以上の歴史を持つ拝所であることがうかがえます。戦前は、ムラの年中祭祀でも祈願が行われました。

 御嶽はかつて住んでいた人々にゆかりのある門中(一族)で拝まれている場所ですので、見学する際はゴミのポイ捨てや拝みの邪魔になる迷惑行為は行わないようにしてください。

〒901-2413
沖縄県中城村津覇

トップへ戻る