SPOTスポット

瑞泉酒造株式会社

 瑞泉酒造は、100年以上続く名門の蔵元です。「瑞泉」の名は、首里城瑞泉門のほとりの湧き水の名にあやかって名付けられました。

住所

沖縄県那覇市首里崎山町1-35

HP

http://www.zuisen.co.jp/

瑞泉酒造株式会社

 瑞泉酒造は、100年以上続く名門の蔵元です。「瑞泉」の名は、首里城瑞泉門のほとりの湧き水の名にあやかって名付けられました。

 琉球王国時代、琉球王府は高い品質を保持するため、目が行き届き、かつ、泡盛造りに欠かせないおいしい水が豊富にあったことから首里三箇と呼ばれる首里の城下町、崎山、赤田、鳥堀でのみ泡盛の醸造を許可し、伝統の味を守り続けてきたといわれています。瑞泉酒造は、その首里三箇の一つである崎山に創業し、創業以来泡盛発祥の地で製造を続けてきました。
 瑞泉酒造の大きな特徴は、たくさんの古酒を貯蔵していることで、県内屈指の貯蔵量を誇ります。甕がずらりと並び甘い香りがほんのり漂う古酒蔵では、職人が毎月欠かさず古酒の状態を確認、撹拌して味をなじませるなどの手入れをして、美味しい古酒に育てています。その品質の高さは、泡盛鑑評会での連続受賞や国外の様々なスピリッツコンペティションでの受賞などにより世界的にも認められています。
 代表銘柄「瑞泉(ずいせん)」は、ふくよかな風味と芳醇な旨味が特徴で、創業時から多くの人に飲まれています。そのほか、奇跡的に発見された戦前の黒麹菌を用いた泡盛を復活させた「御酒(うさき)」など、伝統を重んじた泡盛造りを行う一方で、県産紅茶や柑橘系などを使用したリキュールなど泡盛以外の商品開発も行っています。老舗の誇りと柔軟な姿勢を併せ持ち、県内外のみならず海外市場へも積極的に展開しています。

 1887(明治20)年に喜屋武酒造場として創業し、1935年には佐久本政敦酒造場へと名称変更しました。1957年に合資会社瑞泉酒造工場、1971年に瑞泉酒造株式会社に組織変更しました。現在の社長は6代目です。

 酒蔵見学は事前予約にて可能です。お電話やホームページにてご確認ください。
 住所:那覇市首里崎山町1-35
 TEL:098-884-1968
 HP:http://www.zuisen.co.jp/

 琉球王国時代、琉球王府は高い品質を保持するため、目が行き届き、かつ、泡盛造りに欠かせないおいしい水が豊富にあったことから首里三箇と呼ばれる首里の城下町、崎山、赤田、鳥堀でのみ泡盛の醸造を許可し、伝統の味を守り続けてきたといわれています。瑞泉酒造は、その首里三箇の一つである崎山に創業し、創業以来泡盛発祥の地で製造を続けてきました。
 瑞泉酒造の大きな特徴は、たくさんの古酒を貯蔵していることで、県内屈指の貯蔵量を誇ります。甕がずらりと並び甘い香りがほんのり漂う古酒蔵では、職人が毎月欠かさず古酒の状態を確認、撹拌して味をなじませるなどの手入れをして、美味しい古酒に育てています。その品質の高さは、泡盛鑑評会での連続受賞や国外の様々なスピリッツコンペティションでの受賞などにより世界的にも認められています。
 代表銘柄「瑞泉(ずいせん)」は、ふくよかな風味と芳醇な旨味が特徴で、創業時から多くの人に飲まれています。そのほか、奇跡的に発見された戦前の黒麹菌を用いた泡盛を復活させた「御酒(うさき)」など、伝統を重んじた泡盛造りを行う一方で、県産紅茶や柑橘系などを使用したリキュールなど泡盛以外の商品開発も行っています。老舗の誇りと柔軟な姿勢を併せ持ち、県内外のみならず海外市場へも積極的に展開しています。

 1887(明治20)年に喜屋武酒造場として創業し、1935年には佐久本政敦酒造場へと名称変更しました。1957年に合資会社瑞泉酒造工場、1971年に瑞泉酒造株式会社に組織変更しました。現在の社長は6代目です。

 酒蔵見学は事前予約にて可能です。お電話やホームページにてご確認ください。
 住所:那覇市首里崎山町1-35
 TEL:098-884-1968
 HP:http://www.zuisen.co.jp/


沖縄県那覇市首里崎山町1-35

トップへ戻る