SPOTスポット

上原酒造株式会社

 上原酒造のある糸満市座波には、一年中枯れることのない神聖な泉があります。創業当初は、その近辺の井戸水を使った酒造りを行っていました。そこにあやかり代表銘柄「神泉(しんせん)」を命名しました。現在では、電子技法を活用した、体に優しく美味しい酒造りに取り組んでいます。
 また、2021年からは、より広い沖縄文化への敬意を持った新たな体制による酒造りが始まりました。

住所

〒901-0314
沖縄県糸満市字座波1061

HP

http://uehara-awamori.jp/

上原酒造株式会社

 上原酒造のある糸満市座波には、一年中枯れることのない神聖な泉があります。創業当初は、その近辺の井戸水を使った酒造りを行っていました。そこにあやかり代表銘柄「神泉(しんせん)」を命名しました。現在では、電子技法を活用した、体に優しく美味しい酒造りに取り組んでいます。
 また、2021年からは、より広い沖縄文化への敬意を持った新たな体制による酒造りが始まりました。

 上原酒造は、1994年に泡盛業界で初めて、電子技法を導入し、炭素埋没や電子チャージといった画期的な技術により、原料を活性化させ、深い風味の泡盛を製造しています。電子チャージを行った米と水を原料とすることにより、米と水の持ち味を最大限に発揮することを可能としています。また、製造場、貯蔵施設に電子チャージャーがつくるマイナスイオンが満ちています。このような電子技法によりまろやかな古酒ができることから、泡盛鑑評会においても「沖縄県知事賞」を連続受賞するなど高い評価を得ています。
 酒造所の近くには、古くから周辺の人たちの暮らしを支えてきた湧き水があり、代表銘柄「神泉」は、その水源の恩恵に感謝の気持ちを込めて名付けられました。少人数で営む酒造所ですが、「神泉」のほか、糸満最古の酒造所として地元への愛を込めた「いとまん」など、いずれも口当たりがよく、まろやかな甘みのある泡盛として、県内外で人気のある銘柄です。

 1947年、糸満で創業しました。2021年、株式会社南都がこれまでの上原酒造の歩みに敬意を表し、事業を承継することとなりました。現在の社長は4代目です。

 小規模ながら確かな実績を積んできた上原酒造の歴史を大切にしながら、より多くの人々に泡盛を楽しんでもらえるような新たな一滴にご期待ください。工場見学については、お電話にてお問い合わせください。
 住所:糸満市字座波1061
 TEL:098-994-6320
 HP:http://uehara-awamori.jp/

 上原酒造は、1994年に泡盛業界で初めて、電子技法を導入し、炭素埋没や電子チャージといった画期的な技術により、原料を活性化させ、深い風味の泡盛を製造しています。電子チャージを行った米と水を原料とすることにより、米と水の持ち味を最大限に発揮することを可能としています。また、製造場、貯蔵施設に電子チャージャーがつくるマイナスイオンが満ちています。このような電子技法によりまろやかな古酒ができることから、泡盛鑑評会においても「沖縄県知事賞」を連続受賞するなど高い評価を得ています。
 酒造所の近くには、古くから周辺の人たちの暮らしを支えてきた湧き水があり、代表銘柄「神泉」は、その水源の恩恵に感謝の気持ちを込めて名付けられました。少人数で営む酒造所ですが、「神泉」のほか、糸満最古の酒造所として地元への愛を込めた「いとまん」など、いずれも口当たりがよく、まろやかな甘みのある泡盛として、県内外で人気のある銘柄です。

 1947年、糸満で創業しました。2021年、株式会社南都がこれまでの上原酒造の歩みに敬意を表し、事業を承継することとなりました。現在の社長は4代目です。

 小規模ながら確かな実績を積んできた上原酒造の歴史を大切にしながら、より多くの人々に泡盛を楽しんでもらえるような新たな一滴にご期待ください。工場見学については、お電話にてお問い合わせください。
 住所:糸満市字座波1061
 TEL:098-994-6320
 HP:http://uehara-awamori.jp/

〒901-0314
沖縄県糸満市字座波1061

同じ市町村のスポット

トップへ戻る