SPOTスポット

コザゲート通り

 コザの表玄関とも言える通りです。嘉手納基地の第二ゲート前にあるため、外国人経営者のショップも多くあり、沖縄ならではの異国情緒が楽しめます。色とりどりの看板と、そこに記されている横文字は外国人ならではのデザインが多く、撮影スポットとしても人気です。

住所

〒904-0004
沖縄県沖縄市中央1丁目9

コザゲート通り

 コザの表玄関とも言える通りです。嘉手納基地の第二ゲート前にあるため、外国人経営者のショップも多くあり、沖縄ならではの異国情緒が楽しめます。色とりどりの看板と、そこに記されている横文字は外国人ならではのデザインが多く、撮影スポットとしても人気です。

 コザゲート通りはその名のとおり、嘉手納空軍基地第2ゲート(出入口)を起点とする通りで、その先は国道330号と交わる大きな交差点になっています。その十字路(胡屋十字路、コザの語源)に街の象徴ともいえる「コザミュージックタウン」が建っており、沖縄市中心市街地はそこを中心に広がっています。いわばコザの表玄関ともいえる通りです。嘉手納基地には2万人の米軍人・軍属が暮らしており、小学校が4校、中学校が3校、高校が1校あります。基地外にも米軍人・軍属が暮らしており、朝にはゲートに黄色いスクールバスが入っていきます。嘉手納空軍基地の周辺の集落内に墓地がありますが、本来、集落の外れにある墓地があるのは、嘉手納空軍基地内にあった集落が強制的に基地の外に出されたことによります。

 コザゲート通りは、空港通りとも呼ばれ、第2次世界大戦後、飛躍的に発展したエリアです。特に基地関係者をターゲットとしたビジネスが栄え、飲食業やライブハウスなどのエンターテイメントが発達しました。

 通りには、今でも外国人相手の飲食店やクラブが並んでいますが、外国人向けの衣料品店や雑貨屋も多いのが特徴で、中には日本で扱っていないような掘り出し物を見つけることもできます。

 コザゲート通りはその名のとおり、嘉手納空軍基地第2ゲート(出入口)を起点とする通りで、その先は国道330号と交わる大きな交差点になっています。その十字路(胡屋十字路、コザの語源)に街の象徴ともいえる「コザミュージックタウン」が建っており、沖縄市中心市街地はそこを中心に広がっています。いわばコザの表玄関ともいえる通りです。嘉手納基地には2万人の米軍人・軍属が暮らしており、小学校が4校、中学校が3校、高校が1校あります。基地外にも米軍人・軍属が暮らしており、朝にはゲートに黄色いスクールバスが入っていきます。嘉手納空軍基地の周辺の集落内に墓地がありますが、本来、集落の外れにある墓地があるのは、嘉手納空軍基地内にあった集落が強制的に基地の外に出されたことによります。

 コザゲート通りは、空港通りとも呼ばれ、第2次世界大戦後、飛躍的に発展したエリアです。特に基地関係者をターゲットとしたビジネスが栄え、飲食業やライブハウスなどのエンターテイメントが発達しました。

 通りには、今でも外国人相手の飲食店やクラブが並んでいますが、外国人向けの衣料品店や雑貨屋も多いのが特徴で、中には日本で扱っていないような掘り出し物を見つけることもできます。

〒904-0004
沖縄県沖縄市中央1丁目9

トップへ戻る