SPOTスポット

山グシの陣地壕跡

 城山(伊江島タッチュー)の周囲に縦横に築かれた陣地壕の一つです。

住所

〒905-0501
沖縄県伊江村東江上

山グシの陣地壕跡

 城山(伊江島タッチュー)の周囲に縦横に築かれた陣地壕の一つです。

 城山(伊江島タッチュー)は、離島における最大の激戦地であり、山の周囲には縦横に陣地壕が掘られた要塞でした。ここには独立混成第44旅団の3個中隊からなる第2歩兵大隊が配備されていました。タッチューの麓、字東江上に唐小堀(ハラクブ)溜池があり、唐小堀溜池の道路をはさんだ向かいに、コンクリートで造られたトーチカが残されており、トーチカから西に30mほどの場所に第2歩兵隊第3中隊が使用したとされる陣地跡陣地壕があります。壕は、幅約2m、高さ約1.8m、長さ約30~40mで緩やかな左カーブを描いています。

  独立混成第44旅団第2歩兵隊第3中隊が使用したと思われます。

  

  伊江港から徒歩で約20分にあり、駐車場は無く道路側から一部見ることができます。

 城山(伊江島タッチュー)は、離島における最大の激戦地であり、山の周囲には縦横に陣地壕が掘られた要塞でした。ここには独立混成第44旅団の3個中隊からなる第2歩兵大隊が配備されていました。タッチューの麓、字東江上に唐小堀(ハラクブ)溜池があり、唐小堀溜池の道路をはさんだ向かいに、コンクリートで造られたトーチカが残されており、トーチカから西に30mほどの場所に第2歩兵隊第3中隊が使用したとされる陣地跡陣地壕があります。壕は、幅約2m、高さ約1.8m、長さ約30~40mで緩やかな左カーブを描いています。

  独立混成第44旅団第2歩兵隊第3中隊が使用したと思われます。

  

  伊江港から徒歩で約20分にあり、駐車場は無く道路側から一部見ることができます。

〒905-0501
沖縄県伊江村東江上