SPOTスポット

芳魂之塔

 日本軍将兵と地元民がアメリカ軍に立ち向かった、城山(タッチュー)の山麓にあるニーバナ児童公園に建つ、犠牲者たちの慰霊塔・納骨堂であり、伊江島の数ある戦跡の中心となる慰霊の地です。

住所

〒905-0504
沖縄県伊江村西江前32

芳魂之塔

 日本軍将兵と地元民がアメリカ軍に立ち向かった、城山(タッチュー)の山麓にあるニーバナ児童公園に建つ、犠牲者たちの慰霊塔・納骨堂であり、伊江島の数ある戦跡の中心となる慰霊の地です。

 第2次世界対戦の沖縄戦で犠牲となった守備軍将兵約2000人と住民約1500人の合計3500人余りが、芳魂之塔に合祀されています。この塔には、歌人・名嘉元浪村の詠んだ「ひねもすを とどろとどろと潮騒の 声をまくらにここだくも 眠れる霊の夢まどかならむ」の歌が刻まれています。

 第2次大戦末期の沖縄戦、伊江島は、中でも沖縄本島での地上戦の前哨となる最激戦地として知られています。1945年4月16日、島の周囲をアメリカ軍艦隊が取り囲み、伊江島では日本軍と米軍との間で4月21日までの6日間、激しい戦闘が始まりました。伊江島戦では、伊江島地区隊、第二歩兵隊第一大隊、独立連射砲一個中隊、独立機関銃一個中隊、第50飛行場大隊、第502特設警備工兵隊、独立整備隊、野砲小隊らの日本軍将兵に加えて、地元の伊江島防衛隊、伊江島青年義勇隊、伊江島女子救護班、婦人救護隊が戦闘に参加して、日本軍将兵約2000人、地元民1500人の尊い命が犠牲となりました。

 伊江島での戦闘が終結した毎年4月21日には、村内外から遺族が参列して平和祈願祭が開催され、犠牲になられた方の安らかな眠りを祈っています。

 第2次世界対戦の沖縄戦で犠牲となった守備軍将兵約2000人と住民約1500人の合計3500人余りが、芳魂之塔に合祀されています。この塔には、歌人・名嘉元浪村の詠んだ「ひねもすを とどろとどろと潮騒の 声をまくらにここだくも 眠れる霊の夢まどかならむ」の歌が刻まれています。

 第2次大戦末期の沖縄戦、伊江島は、中でも沖縄本島での地上戦の前哨となる最激戦地として知られています。1945年4月16日、島の周囲をアメリカ軍艦隊が取り囲み、伊江島では日本軍と米軍との間で4月21日までの6日間、激しい戦闘が始まりました。伊江島戦では、伊江島地区隊、第二歩兵隊第一大隊、独立連射砲一個中隊、独立機関銃一個中隊、第50飛行場大隊、第502特設警備工兵隊、独立整備隊、野砲小隊らの日本軍将兵に加えて、地元の伊江島防衛隊、伊江島青年義勇隊、伊江島女子救護班、婦人救護隊が戦闘に参加して、日本軍将兵約2000人、地元民1500人の尊い命が犠牲となりました。

 伊江島での戦闘が終結した毎年4月21日には、村内外から遺族が参列して平和祈願祭が開催され、犠牲になられた方の安らかな眠りを祈っています。

〒905-0504
沖縄県伊江村西江前32