SPOTスポット

マリリンの像

 座間味島に住むマリリンのもとへ、阿嘉島から海を泳いで渡り会いに通ったシロ。その実話を基に制作された映画は話題になりました。マリリン像は、阿嘉島にいるシロの像の方向を見つめています。阿嘉島のシロの像よりも小さくなっています。

住所

〒901-3400
沖縄県座間味村

マリリンの像

 座間味島に住むマリリンのもとへ、阿嘉島から海を泳いで渡り会いに通ったシロ。その実話を基に制作された映画は話題になりました。マリリン像は、阿嘉島にいるシロの像の方向を見つめています。阿嘉島のシロの像よりも小さくなっています。

 白い犬が海を泳いで「恋人」に逢いに行く。この話題は最初地元紙に紹介されたのが1986年12月14日で、それ以来「シロとマリリン」はたちまち全国愛犬家の注目を集め全国ネットでテレビ、新聞、週刊誌などの取材が座間味村へ相次いで殺到しました。これを基に1988年映画「マリリンに逢いたい」が制作され、海峡を渡るシロとマリリンの恋物語が全国に紹介されました。

 沖縄本島泊ふ頭や大阪で拾われた子犬がそれぞれ座間味島と阿嘉島で同時期に飼われたことが始まりでした。当時、島には犬が一匹もおらず、そのような中で一度、阿嘉島のシロが飼い主とともに座間味島へ船で渡った際に初めて座間味島のマリリンに出会いました。それからシロは、度々阿嘉島から無人島の安慶名敷島(無人島)を経由して座間味島のマリリンに海を泳いで逢いに行きました。

 この銅像は「島の記憶」として永遠に残そうと、地元の有志により記念碑実行委員会を立ち上げ、村内外から多くの寄付金を募り、2001年11月26日除幕式が行われ、「シロとマリリン」の愛の物語は、座間味村の永遠の記念碑として残されることになりました。

 白い犬が海を泳いで「恋人」に逢いに行く。この話題は最初地元紙に紹介されたのが1986年12月14日で、それ以来「シロとマリリン」はたちまち全国愛犬家の注目を集め全国ネットでテレビ、新聞、週刊誌などの取材が座間味村へ相次いで殺到しました。これを基に1988年映画「マリリンに逢いたい」が制作され、海峡を渡るシロとマリリンの恋物語が全国に紹介されました。

 沖縄本島泊ふ頭や大阪で拾われた子犬がそれぞれ座間味島と阿嘉島で同時期に飼われたことが始まりでした。当時、島には犬が一匹もおらず、そのような中で一度、阿嘉島のシロが飼い主とともに座間味島へ船で渡った際に初めて座間味島のマリリンに出会いました。それからシロは、度々阿嘉島から無人島の安慶名敷島(無人島)を経由して座間味島のマリリンに海を泳いで逢いに行きました。

 この銅像は「島の記憶」として永遠に残そうと、地元の有志により記念碑実行委員会を立ち上げ、村内外から多くの寄付金を募り、2001年11月26日除幕式が行われ、「シロとマリリン」の愛の物語は、座間味村の永遠の記念碑として残されることになりました。

〒901-3400
沖縄県座間味村