SPOTスポット

野甫大橋

 伊平屋島と野甫島の架け橋で、橋の上からは、何層にも深まる青と光のグラデーションの絶景を望むことができます。

住所

〒905-0705
沖縄県伊平屋村県道 179 号線

野甫大橋

 伊平屋島と野甫島の架け橋で、橋の上からは、何層にも深まる青と光のグラデーションの絶景を望むことができます。

 野甫大橋は、伊平屋島と野甫島を結ぶ、エメラルドグリーンの海に架かる全長320mの曲線が美しい橋です。橋の上からは、遠浅の美しい海を見ることができ、ドライブして走り抜けると爽快な気分を味わうことができます。また、橋を中心に右側の海と左側の海とで色や波の荒さが変わるのも特徴的で、運が良ければ、橋の上からウミガメを見ることもできます。また、釣りのポイントとしても知られていて、橋の上から釣りをする人もよく散見されます。

 野甫島は、昔から離島村の離島として、二重の離島苦を背負ってきましたが、関係者の尽力もあって、1979年3月、県道179号線上に初代の野甫大橋が完成しました。その初代野甫大橋は、道路の高さが低く、波浪時に越波、砂の堆積による通行障害があり、完成から20年経過した時点で塩害による劣化損傷に大きいものがありました。更に、道路幅員の狭小(4.0mの1車線)、架橋による北側砂浜の減少、南側海域の砂の堆積による珊瑚の生育低下等の問題があり、現在の2代目の野甫大橋が2004年3月25日に完成しました。新野甫大橋は、万全な塩害対策を講じ、環境面では海亀の産卵場でもある北側砂浜、周辺海域のサンゴ礁群の環境保全も検討して計画・架橋されました。

 橋のたもとにおりて、橋を見上げてみるのもお勧めです。橋の下には「伊平屋ブルー」の美しいビーチが広がっています。

 野甫大橋は、伊平屋島と野甫島を結ぶ、エメラルドグリーンの海に架かる全長320mの曲線が美しい橋です。橋の上からは、遠浅の美しい海を見ることができ、ドライブして走り抜けると爽快な気分を味わうことができます。また、橋を中心に右側の海と左側の海とで色や波の荒さが変わるのも特徴的で、運が良ければ、橋の上からウミガメを見ることもできます。また、釣りのポイントとしても知られていて、橋の上から釣りをする人もよく散見されます。

 野甫島は、昔から離島村の離島として、二重の離島苦を背負ってきましたが、関係者の尽力もあって、1979年3月、県道179号線上に初代の野甫大橋が完成しました。その初代野甫大橋は、道路の高さが低く、波浪時に越波、砂の堆積による通行障害があり、完成から20年経過した時点で塩害による劣化損傷に大きいものがありました。更に、道路幅員の狭小(4.0mの1車線)、架橋による北側砂浜の減少、南側海域の砂の堆積による珊瑚の生育低下等の問題があり、現在の2代目の野甫大橋が2004年3月25日に完成しました。新野甫大橋は、万全な塩害対策を講じ、環境面では海亀の産卵場でもある北側砂浜、周辺海域のサンゴ礁群の環境保全も検討して計画・架橋されました。

 橋のたもとにおりて、橋を見上げてみるのもお勧めです。橋の下には「伊平屋ブルー」の美しいビーチが広がっています。

〒905-0705
沖縄県伊平屋村県道 179 号線