SPOTスポット

島尻殿内(ドゥンチ)

 島尻集落の大切な祭祀の場です。

住所

〒905-0704
沖縄県伊平屋村島尻

島尻殿内(ドゥンチ)

 島尻集落の大切な祭祀の場です。

 島尻殿内(ドゥンチ)は、別の名を祝女殿内(ノロドゥンチ)ともいい、ノロがいない島尻集落の祭祀を執り行うため、集落外からやってくる神職の女性が滞在した場所です。今でも、島尻殿内では、旧暦8月12日の豊年祭の際、踊りや棒術を奉納しています。

 伊平屋村史には、「本部落は、上古我喜屋村から転住したようで西方面の丘に、後里(くさと)と云う所があり、たぶんその場所から転住したのであろう。」と記載されています。このように、島尻集落は我喜屋集落から分離して成立した集落で、年中行事についても、ノロがいた我喜屋ノロの管轄でした。

 現在の島尻集落での祭祀は、区長が中心となって行われています。
 敷地内には、島尻の神アシアゲがあります。

 島尻殿内(ドゥンチ)は、別の名を祝女殿内(ノロドゥンチ)ともいい、ノロがいない島尻集落の祭祀を執り行うため、集落外からやってくる神職の女性が滞在した場所です。今でも、島尻殿内では、旧暦8月12日の豊年祭の際、踊りや棒術を奉納しています。

 伊平屋村史には、「本部落は、上古我喜屋村から転住したようで西方面の丘に、後里(くさと)と云う所があり、たぶんその場所から転住したのであろう。」と記載されています。このように、島尻集落は我喜屋集落から分離して成立した集落で、年中行事についても、ノロがいた我喜屋ノロの管轄でした。

 現在の島尻集落での祭祀は、区長が中心となって行われています。
 敷地内には、島尻の神アシアゲがあります。

〒905-0704
沖縄県伊平屋村島尻

トップへ戻る