SPOTスポット

浜崎貝塚

 3000~1000年前の石器時代の人々が残した、村内では古い時期の貝塚に属しています。

住所

〒905-0502
沖縄県伊江村東江前

浜崎貝塚

 3000~1000年前の石器時代の人々が残した、村内では古い時期の貝塚に属しています。

 この貝塚は、低台地に形成された沖縄貝塚時代前期中期に属する地域と砂丘地に形成された沖縄貝塚時代後期に属する地域に分けられる複合遺跡です。南北約17500㎡の範囲に遺跡の広がりが認められています。出土品として、石で作った斧、磨石、石皿、粘土をこねて焼き上げた土器、貝や骨でつくった網のおもりなどが発見されています。奄美系の土器も出土しており、古くから他地域との交流があったと考えられます。

 浜崎貝塚の年代幅が広いのは、貝塚時代前期~後期の複合遺跡であるからです。
 なお、沖縄の歴史は内地と違った過程を経ているので、10世紀頃までは貝塚時代であり、その後はグスク時代と呼ばれています。

 伊江村青少年旅行村の中心に位置しています。
 1972年12月12日に、遺跡の一部が沖縄県の史跡に指定されています。
 貝塚からの出土品は、伊江港の離島ターミナルにある資料室で見ることができます。

 この貝塚は、低台地に形成された沖縄貝塚時代前期中期に属する地域と砂丘地に形成された沖縄貝塚時代後期に属する地域に分けられる複合遺跡です。南北約17500㎡の範囲に遺跡の広がりが認められています。出土品として、石で作った斧、磨石、石皿、粘土をこねて焼き上げた土器、貝や骨でつくった網のおもりなどが発見されています。奄美系の土器も出土しており、古くから他地域との交流があったと考えられます。

 浜崎貝塚の年代幅が広いのは、貝塚時代前期~後期の複合遺跡であるからです。
 なお、沖縄の歴史は内地と違った過程を経ているので、10世紀頃までは貝塚時代であり、その後はグスク時代と呼ばれています。

 伊江村青少年旅行村の中心に位置しています。
 1972年12月12日に、遺跡の一部が沖縄県の史跡に指定されています。
 貝塚からの出土品は、伊江港の離島ターミナルにある資料室で見ることができます。

〒905-0502
沖縄県伊江村東江前