SPOTスポット

尚円王御庭公園

 尚円王の生誕地屋敷跡に整備された公園です。公園のほぼ中央にある若き日の凛々しい金丸像(後の尚円王)は、写真撮影ポイントとしても有名です。

住所

〒905-0602
沖縄県伊是名村諸見

尚円王御庭公園

 尚円王の生誕地屋敷跡に整備された公園です。公園のほぼ中央にある若き日の凛々しい金丸像(後の尚円王)は、写真撮影ポイントとしても有名です。

 尚円王御庭公園は、1996年、尚円王生誕580(イヒャオー)年の記念として、尚円王の生誕地屋敷跡に整備された公園です。敷地内には、お庭(みほそ所)、アサギ、尚円王が産湯として使った「潮平井」もあるなど、尚円王ゆかりの地として伊是名島の人々の憩いの場所になっています。公園のほぼ中央には、伊是名村出身の版画家、名嘉睦稔(なかぼくねん)氏作の若き日の金丸銅像(後の尚円王)が建立されています。金丸像が指をさしている方向は、妻と弟を連れて伊是名島を出た際に向かった国頭村の宜名真となっています。

 傍らに井伊文子氏(いいふみこ)の歌碑が建立されています。歌碑には、「わが始祖の雄々しき姿をしのぶとき蒼海のとよみはこころゆるがす」と刻まれています。井伊文子氏は最後の琉球国王尚泰(しょうたい)の孫で、幕末の大老井伊直弼(いいなおすけ)の曾孫に嫁ぎ、井伊家の旧領であった彦根で生涯を終えています。文人として多くの著書を残しました。

 諸見集落内、みほそ所に隣接しており、アクセスは容易です。
 駐車場、トイレが有ります。

 尚円王御庭公園は、1996年、尚円王生誕580(イヒャオー)年の記念として、尚円王の生誕地屋敷跡に整備された公園です。敷地内には、お庭(みほそ所)、アサギ、尚円王が産湯として使った「潮平井」もあるなど、尚円王ゆかりの地として伊是名島の人々の憩いの場所になっています。公園のほぼ中央には、伊是名村出身の版画家、名嘉睦稔(なかぼくねん)氏作の若き日の金丸銅像(後の尚円王)が建立されています。金丸像が指をさしている方向は、妻と弟を連れて伊是名島を出た際に向かった国頭村の宜名真となっています。

 傍らに井伊文子氏(いいふみこ)の歌碑が建立されています。歌碑には、「わが始祖の雄々しき姿をしのぶとき蒼海のとよみはこころゆるがす」と刻まれています。井伊文子氏は最後の琉球国王尚泰(しょうたい)の孫で、幕末の大老井伊直弼(いいなおすけ)の曾孫に嫁ぎ、井伊家の旧領であった彦根で生涯を終えています。文人として多くの著書を残しました。

 諸見集落内、みほそ所に隣接しており、アクセスは容易です。
 駐車場、トイレが有ります。

〒905-0602
沖縄県伊是名村諸見

トップへ戻る