SPOTスポット

赤崎ぬ浜(アハシチヌハマ)

 伊是名島の東海岸にある、子供連れでも海水浴を楽しむことができる尚円王ゆかりのビーチです。

住所

〒905-0604
沖縄県伊是名村伊是名

赤崎ぬ浜(アハシチヌハマ)

 伊是名島の東海岸にある、子供連れでも海水浴を楽しむことができる尚円王ゆかりのビーチです。

 赤崎ぬ浜は、伊是名島の東海岸にあり、伊是名島の人々は、この海岸を「アハシチヌハマ」と呼んでいます。付近には、親水性のある階段式護岸があり、子供連れでも海水浴が楽しむことができます。

 赤崎ぬ浜は、松金(まちがに)(後の金丸、尚円王)が、妻と弟の3人で、本島の国頭を目指し、くり舟を漕いで旅立った時の海岸です。この海岸は、御主加那志(ウシュガナシ)が踏んだ土地であることから、「ウシュフンチャ」とも呼ばれています。御主加那志は、琉球国内でよく用いられた国王の称号ですが、ここでは尚円王のことを指しています。松金は、宜名真(ぎなま)という集落でしばらく暮らしました。

 赤崎ぬ浜は、仲田港からもアクセス良好です。
 臨海ふれあい公園駐車場をご利用ください。

 赤崎ぬ浜は、伊是名島の東海岸にあり、伊是名島の人々は、この海岸を「アハシチヌハマ」と呼んでいます。付近には、親水性のある階段式護岸があり、子供連れでも海水浴が楽しむことができます。

 赤崎ぬ浜は、松金(まちがに)(後の金丸、尚円王)が、妻と弟の3人で、本島の国頭を目指し、くり舟を漕いで旅立った時の海岸です。この海岸は、御主加那志(ウシュガナシ)が踏んだ土地であることから、「ウシュフンチャ」とも呼ばれています。御主加那志は、琉球国内でよく用いられた国王の称号ですが、ここでは尚円王のことを指しています。松金は、宜名真(ぎなま)という集落でしばらく暮らしました。

 赤崎ぬ浜は、仲田港からもアクセス良好です。
 臨海ふれあい公園駐車場をご利用ください。

〒905-0604
沖縄県伊是名村伊是名

トップへ戻る