SPOTスポット

慶伊瀬島(神山島)

 渡嘉敷村の数ある離島の中でも、沖縄本島に最も近い離島です。島が広いだけに、干潮時にあらわれる天然のプールや草木の生い茂る丘の上の白亜の灯台など、散策するのに決して飽きさせることのない、慶伊瀬島の中で随一の多様性を有しています。

住所

〒901-3500
沖縄県渡嘉敷村前島 神山島

慶伊瀬島(神山島)

 渡嘉敷村の数ある離島の中でも、沖縄本島に最も近い離島です。島が広いだけに、干潮時にあらわれる天然のプールや草木の生い茂る丘の上の白亜の灯台など、散策するのに決して飽きさせることのない、慶伊瀬島の中で随一の多様性を有しています。

 神山島の面積は0.29㎢、海岸線長は約2km、標高は11mです。

 この島は採砂場として利用されたことがあり、現在では、東側の小高い場所に白塔形の神山島灯台(昭和47年点灯)が設置されており、その周りはこんもりと盛り上がって緑が見えます。沖縄戦においてアメリカ軍が、沖縄本島を直に砲撃するため砲兵陣地を敷設し、M2 155mmカノン砲(ロング・トム)24門が設置され、実際に沖縄本島へ向けて砲撃が行われるなど、沖縄本島南部攻撃の拠点としました。昭和38年には、那覇と久米島を結ぶ貨客船「みどり丸」が神山島近海で遭難、乗員乗客228人中死者・行方不明者112人を出した沖縄の海難史上最大の惨事が発生しています。

 ナガンヌ島やクエフ島のようなリゾート色は少なく、島に上陸する人も少なめで、自然が残され、海鳥やウミガメの繁殖地です。透明な海とサンゴ礁には定評があり、ダイビングで訪れる人が多くいます。神山島は、本来は満潮時でも一つの島でしたが、近年の海洋浸食によって満潮時には2つの島に分かれ、干潮時のみ灯台のある島の方に移動できます。灯台のある島には、船を縛り付ける適切な岩がないことから着岸はできません。

 神山島の面積は0.29㎢、海岸線長は約2km、標高は11mです。

 この島は採砂場として利用されたことがあり、現在では、東側の小高い場所に白塔形の神山島灯台(昭和47年点灯)が設置されており、その周りはこんもりと盛り上がって緑が見えます。沖縄戦においてアメリカ軍が、沖縄本島を直に砲撃するため砲兵陣地を敷設し、M2 155mmカノン砲(ロング・トム)24門が設置され、実際に沖縄本島へ向けて砲撃が行われるなど、沖縄本島南部攻撃の拠点としました。昭和38年には、那覇と久米島を結ぶ貨客船「みどり丸」が神山島近海で遭難、乗員乗客228人中死者・行方不明者112人を出した沖縄の海難史上最大の惨事が発生しています。

 ナガンヌ島やクエフ島のようなリゾート色は少なく、島に上陸する人も少なめで、自然が残され、海鳥やウミガメの繁殖地です。透明な海とサンゴ礁には定評があり、ダイビングで訪れる人が多くいます。神山島は、本来は満潮時でも一つの島でしたが、近年の海洋浸食によって満潮時には2つの島に分かれ、干潮時のみ灯台のある島の方に移動できます。灯台のある島には、船を縛り付ける適切な岩がないことから着岸はできません。

〒901-3500
沖縄県渡嘉敷村前島 神山島

トップへ戻る