SPOTスポット

伊是名の集落

 昔ながらのサンゴの石垣やフクギ並木、そして赤瓦の古民家などで形成されており、古き良き沖縄の原風景を味わうことができます。

住所

〒905-0604
沖縄県伊是名村伊是名

伊是名の集落

 昔ながらのサンゴの石垣やフクギ並木、そして赤瓦の古民家などで形成されており、古き良き沖縄の原風景を味わうことができます。

 伊是名集落と勢理客(じっちゃく)集落にはサンゴの石垣、フクギの並木、そして伝統的な赤瓦の屋根など沖縄ならではの風景が多く残っています。特に、伊是名集落の一部は、約400年前に集落を形成した古琉球の村並のまま住民たちと共存し、訪れた人たちの目を楽しませてくれます。こうした古き良き沖縄の原風景を形作る要素の一つが、サンゴの石垣です。積み上げられた石垣の隙間が、ハブの棲み家となってしまうことから、近年では多くの地域でコンクリートの石垣に取って代わられてしまいました。しかし、伊是名島はハブが生息しない島であるため、今でも集落内ではサンゴの石垣を見ることができます。また、伊是名島には、今でも昔ながらのフクギ並木の通りが多く残っています。フクギは葉がびっしりと密集して生えるため、もともとは台風による防風から家を守るために植えられました。伊是名集落のフクギの並木道の特徴は、フクギの木と石垣を組み合わせて、整備されているのが特徴となっています。道並みに沿って、昔ながらに綺麗に整って植えられたフクギ並木の通りは、静かでゆったりとした時間を感じることができます。このように、連なる石垣とフクギの並木が織りなす風景は、伊是名島の代表的な風景といえます。

 伊是名集落は古くは伊是名島の番所があった地であり、村名の由来でもあります。行政上用いられる標準的な呼び方ではイゼナですが、方言ではイジナと称されます。伊是名集落は2度移動したと伝えらえています。最初は、伊是名城西側の元島(ムトゥジマ)から現集落のすぐ北側の上村(ウイムラ)に移り、次に現在地に移動しました。ムトゥジマもウイムラも、今日はそれぞれ、元島原、上村原という小字名になっています。
 なお、伊是名村では景観条例を制定し、美しい古琉球の村並を後世に伝えていこうと保全に努めています。特に、伊是名公民館より北側は景観重点地区に指定されています。

 まずは集落散策を行って、銘苅家や神アサギへ行くと良いでしょう。

 伊是名集落と勢理客(じっちゃく)集落にはサンゴの石垣、フクギの並木、そして伝統的な赤瓦の屋根など沖縄ならではの風景が多く残っています。特に、伊是名集落の一部は、約400年前に集落を形成した古琉球の村並のまま住民たちと共存し、訪れた人たちの目を楽しませてくれます。こうした古き良き沖縄の原風景を形作る要素の一つが、サンゴの石垣です。積み上げられた石垣の隙間が、ハブの棲み家となってしまうことから、近年では多くの地域でコンクリートの石垣に取って代わられてしまいました。しかし、伊是名島はハブが生息しない島であるため、今でも集落内ではサンゴの石垣を見ることができます。また、伊是名島には、今でも昔ながらのフクギ並木の通りが多く残っています。フクギは葉がびっしりと密集して生えるため、もともとは台風による防風から家を守るために植えられました。伊是名集落のフクギの並木道の特徴は、フクギの木と石垣を組み合わせて、整備されているのが特徴となっています。道並みに沿って、昔ながらに綺麗に整って植えられたフクギ並木の通りは、静かでゆったりとした時間を感じることができます。このように、連なる石垣とフクギの並木が織りなす風景は、伊是名島の代表的な風景といえます。

 伊是名集落は古くは伊是名島の番所があった地であり、村名の由来でもあります。行政上用いられる標準的な呼び方ではイゼナですが、方言ではイジナと称されます。伊是名集落は2度移動したと伝えらえています。最初は、伊是名城西側の元島(ムトゥジマ)から現集落のすぐ北側の上村(ウイムラ)に移り、次に現在地に移動しました。ムトゥジマもウイムラも、今日はそれぞれ、元島原、上村原という小字名になっています。
 なお、伊是名村では景観条例を制定し、美しい古琉球の村並を後世に伝えていこうと保全に努めています。特に、伊是名公民館より北側は景観重点地区に指定されています。

 まずは集落散策を行って、銘苅家や神アサギへ行くと良いでしょう。

〒905-0604
沖縄県伊是名村伊是名

トップへ戻る