SPOTスポット

慶伊瀬島(ナガンヌ島)

 慶伊瀬島を形成する3島の中では唯一宿泊施設が整備された、いわばリゾートアイランドとなっています。整備された桟橋から見るナガンヌ島の白砂ビーチと慶良間ブルーのコントラストは、比較的容易に赴くことができるインスタ映えスポットです。

住所

〒901-3500
沖縄県渡嘉敷村前島 ナガンヌ島

慶伊瀬島(ナガンヌ島)

 慶伊瀬島を形成する3島の中では唯一宿泊施設が整備された、いわばリゾートアイランドとなっています。整備された桟橋から見るナガンヌ島の白砂ビーチと慶良間ブルーのコントラストは、比較的容易に赴くことができるインスタ映えスポットです。

 ナガンヌ島の面積は0.29㎢、海岸線長は約3km、標高は8mです。
 ※慶伊瀬島(けいせじま):沖縄本島の那覇港から西に約12kmの東シナ海に位置する島嶼で、3つの環礁と3つの島(神山島(かみやましま)・クエフ島(クエフじま)・ナガンヌ島(ナガンヌじま))から成っています(神山島、クエフ島、ナガンヌ島の総称が慶伊瀬島)。慶良間諸島に属し、行政区域は沖縄県島尻郡渡嘉敷村です。現地の方言に由来する別名は、チービシ(慶伊干瀬)、チービシ環礁(チービシかんしょう)と呼ばれています。

 風雨を遮るものがないナガンヌ島は台風の影響をもろに受ける島でもあり、数年前の台風では、甚大な被害を受けたことがあります。

 ブーメランのような横長の形をしており、長い物という意味のナガンヌは全体が白いビーチで、ナガンヌ島にはマリンレジャーの会社が用意した施設が並んでいます。陽射しを避けるためのレストコテージ(宿泊可能なコテージ)、シャワー・ロッカー・更衣室を備えたパームハウス、水洗トイレもあります。何も無い無人島というより、くつろぎや癒しをイメージした、誰でも安心して過ごせるリゾートアイランドです。2016年には、携帯電話会社の中継局が設置されました。
 慶良間諸島国立公園の指定地域に含まれており、陸域は普通地域、環礁全体を含めた周辺海域は海域公園地区にそれぞれ指定されています。

 ナガンヌ島の面積は0.29㎢、海岸線長は約3km、標高は8mです。
 ※慶伊瀬島(けいせじま):沖縄本島の那覇港から西に約12kmの東シナ海に位置する島嶼で、3つの環礁と3つの島(神山島(かみやましま)・クエフ島(クエフじま)・ナガンヌ島(ナガンヌじま))から成っています(神山島、クエフ島、ナガンヌ島の総称が慶伊瀬島)。慶良間諸島に属し、行政区域は沖縄県島尻郡渡嘉敷村です。現地の方言に由来する別名は、チービシ(慶伊干瀬)、チービシ環礁(チービシかんしょう)と呼ばれています。

 風雨を遮るものがないナガンヌ島は台風の影響をもろに受ける島でもあり、数年前の台風では、甚大な被害を受けたことがあります。

 ブーメランのような横長の形をしており、長い物という意味のナガンヌは全体が白いビーチで、ナガンヌ島にはマリンレジャーの会社が用意した施設が並んでいます。陽射しを避けるためのレストコテージ(宿泊可能なコテージ)、シャワー・ロッカー・更衣室を備えたパームハウス、水洗トイレもあります。何も無い無人島というより、くつろぎや癒しをイメージした、誰でも安心して過ごせるリゾートアイランドです。2016年には、携帯電話会社の中継局が設置されました。
 慶良間諸島国立公園の指定地域に含まれており、陸域は普通地域、環礁全体を含めた周辺海域は海域公園地区にそれぞれ指定されています。

〒901-3500
沖縄県渡嘉敷村前島 ナガンヌ島