SPOTスポット

具志頭遊歩道(ホロホローの森)

 森のある沖縄島南部は、サンゴ礁由来の石灰岩の弱アルカリ性土壌で、北部のやんばるの森(非石灰岩地)とは違う特有の植物を見ることができます。

住所

〒901-0512
沖縄県八重瀬町具志頭

具志頭遊歩道(ホロホローの森)

 森のある沖縄島南部は、サンゴ礁由来の石灰岩の弱アルカリ性土壌で、北部のやんばるの森(非石灰岩地)とは違う特有の植物を見ることができます。

 具志頭(ぐしちゃん)遊歩道は、通称ホロホローの森と呼ばれ親しまれています。ホロホロー森には、ガジュマルやアコウ、アカギやホウビカンジュ、ノアサガオなどの100種以上の植物が自生し、オカヤドカリ、オオゴマダラやシリキンイモリなど沖縄固有の動物たちのすみかとなっています。遊歩道は、3つのコースがあり具志頭浜に続くコースもあります。

 ホロホローの森の「ホロホロー」とは、具志頭地区だけの沖縄方言で、クスノキ科の常緑高木「ヤブニッケイ」のことです。

 遊歩道として整備され、歩きやすく気軽に自然を楽しむことができますが、ハブなどの有害動物も潜んでいます。また、むやむに植物を折ったり動物をさわらないなど、マナーとルールは守りましょう。
 駐車場は有りますが、トイレは有りません。

 具志頭(ぐしちゃん)遊歩道は、通称ホロホローの森と呼ばれ親しまれています。ホロホロー森には、ガジュマルやアコウ、アカギやホウビカンジュ、ノアサガオなどの100種以上の植物が自生し、オカヤドカリ、オオゴマダラやシリキンイモリなど沖縄固有の動物たちのすみかとなっています。遊歩道は、3つのコースがあり具志頭浜に続くコースもあります。

 ホロホローの森の「ホロホロー」とは、具志頭地区だけの沖縄方言で、クスノキ科の常緑高木「ヤブニッケイ」のことです。

 遊歩道として整備され、歩きやすく気軽に自然を楽しむことができますが、ハブなどの有害動物も潜んでいます。また、むやむに植物を折ったり動物をさわらないなど、マナーとルールは守りましょう。
 駐車場は有りますが、トイレは有りません。

〒901-0512
沖縄県八重瀬町具志頭