SPOTスポット

上の井(イーヌカー)

 かつて、新城集落の水がめと称された古井戸です。

住所

〒901-0503
沖縄県八重瀬町新城

上の井(イーヌカー)

 かつて、新城集落の水がめと称された古井戸です。

 上の井(イーヌカー)は、麓にある新城(あらしろ)集落から新城グスクに至る上の井坂(イーヌカービラ)にあります。また、集落からグスクに至る場所は、上江洲山(イーズ山)と呼ばれていることから、別名上江洲井(イーズ井)ともいわれています。

 かつての上の井は、琉球石灰岩の基底より水量豊富な地下水の湧き出ていました。面積は18坪で、琉球石灰岩により、水汲場や物洗い場が設置されていました。水量が豊富で早魃の時でも水の渇れることはなく、古来、新城集落の住民や後原屋取(くしばるやーどぅい)マージ地域民の飲料水・生活用水の水源で、特に、新城集落では、村の水がめといわれました。集落の女性たちが水桶を頭に載せて、上の井坂を下り上りして水を運んでいたと伝えられています。

 ハブに注意してください。

 上の井(イーヌカー)は、麓にある新城(あらしろ)集落から新城グスクに至る上の井坂(イーヌカービラ)にあります。また、集落からグスクに至る場所は、上江洲山(イーズ山)と呼ばれていることから、別名上江洲井(イーズ井)ともいわれています。

 かつての上の井は、琉球石灰岩の基底より水量豊富な地下水の湧き出ていました。面積は18坪で、琉球石灰岩により、水汲場や物洗い場が設置されていました。水量が豊富で早魃の時でも水の渇れることはなく、古来、新城集落の住民や後原屋取(くしばるやーどぅい)マージ地域民の飲料水・生活用水の水源で、特に、新城集落では、村の水がめといわれました。集落の女性たちが水桶を頭に載せて、上の井坂を下り上りして水を運んでいたと伝えられています。

 ハブに注意してください。

〒901-0503
沖縄県八重瀬町新城

トップへ戻る