SPOTスポット

慶座(ギーザ)の滝

 慶座地下ダムの余剰水が放水される「慶座の滝」(ぎーざのたき)は、地元の人にとっても大人気です。

住所

〒901-0514
沖縄県八重瀬町安里

慶座(ギーザ)の滝

 慶座地下ダムの余剰水が放水される「慶座の滝」(ぎーざのたき)は、地元の人にとっても大人気です。

 慶座の滝は、慶座地下ダムの余剰水が、慶座(ぎーざ)バンタと称される標高40mの急峻な崖の中腹から、その岩肌を直下の海に向かって流れ落ちる滝のことです。滝筋は2か所あり、海岸に下りる階段に近い滝よりも、その奥にある滝の方が2段になっていて、より一層の迫力を感じます。地元の人も、この滝を「知床の滝」のようであると称しており、人気のスポットとなっています。

 慶座地下ダムが整備されたのは2001年のことですので、現在のように、水量の多い滝が生み出されたのはそれ以降のことです。

 慶座の滝は、干潮時の岩場でしか見ることができません。時期によって見ることができるときとそうでないときがありますので、ご留意ください。また、岩場は極めて滑りやすくなっていますので、滑りにくい靴で行かれることをお勧めします。

 慶座の滝は、慶座地下ダムの余剰水が、慶座(ぎーざ)バンタと称される標高40mの急峻な崖の中腹から、その岩肌を直下の海に向かって流れ落ちる滝のことです。滝筋は2か所あり、海岸に下りる階段に近い滝よりも、その奥にある滝の方が2段になっていて、より一層の迫力を感じます。地元の人も、この滝を「知床の滝」のようであると称しており、人気のスポットとなっています。

 慶座地下ダムが整備されたのは2001年のことですので、現在のように、水量の多い滝が生み出されたのはそれ以降のことです。

 慶座の滝は、干潮時の岩場でしか見ることができません。時期によって見ることができるときとそうでないときがありますので、ご留意ください。また、岩場は極めて滑りやすくなっていますので、滑りにくい靴で行かれることをお勧めします。

〒901-0514
沖縄県八重瀬町安里