SPOTスポット

神谷酒造所

 沖縄本島南部のサトウキビ畑が広がるのどかな地で、昔ながらの製法にこだわり忠実な泡盛造りに取り組み、代々家族で営み続けてきた酒造所です。

住所

〒901-0403
沖縄県八重瀬町世名城510−3

HP

https://awamori.site/awamori/

神谷酒造所

 沖縄本島南部のサトウキビ畑が広がるのどかな地で、昔ながらの製法にこだわり忠実な泡盛造りに取り組み、代々家族で営み続けてきた酒造所です。

 神谷酒造所では、もろみの攪拌等も機械を導入せず手作業で行い、受け継がれてきた伝統の醸造技術を踏襲しながらも、独自の蒸気吹き込み式蒸留器を導入しています。蒸留までの約18日間、毎日、もろみの香りの変化などを確認しながら手作業で撹拌作業を行うことで、味わい深い泡盛となるよう丁寧に育てています。また、蒸気を直接吹き込んでもろみを加熱する吹き込み式蒸留器を使用することで、風味がよく、やわらかい酒質になるのが特徴で、コクと甘みを感じるバランスの良い泡盛が造られています。また、出来上がった泡盛はすぐには出荷せず、半年以上甕で寝かせて独特の刺激臭などを緩和させた後、ステンレスタンクに移してさらに熟成させてから商品化します。「基本に忠実」「万事に誠意をもって取り組む」をモットーに、伝統的な泡盛造りを続けています。
 代表銘柄の「南光(なんこう)」は、沖縄を表す「南」から本土に向かって発信する「光」をイメージして名付けられ、素朴な味わいで、泡盛本来の旨味や豊かな香りを最大限に生かしたなめらかな飲み口が特徴です。中でも「南光」の古酒は、泡盛鑑評会において、「沖縄国税事務所長賞」を複数回受賞しています。
 泡盛の独特の風味が苦手な人のために、飲みやすさを追求した銘柄「はなはな」シリーズは、独自に開発したハイビスカスから造った酵母などで仕込んだ泡盛で、フルーティーな香りと甘みのある飲み口は、食事にも合わせやすいと泡盛初心者を中心に人気が高まっています。神谷酒造所は地域に欠かせない存在で、出荷量の10%近くは町内で消費されています。

 1949年に東風平で創業し、2004年に現在の場所に移転しました。現在の社長は2代目です。

 工場見学は、事前予約にて可能です。
 住所:八重瀬町字世名城510-3
 TEL:098-998-2108
 HP:https://awamori.site/awamori/

 神谷酒造所では、もろみの攪拌等も機械を導入せず手作業で行い、受け継がれてきた伝統の醸造技術を踏襲しながらも、独自の蒸気吹き込み式蒸留器を導入しています。蒸留までの約18日間、毎日、もろみの香りの変化などを確認しながら手作業で撹拌作業を行うことで、味わい深い泡盛となるよう丁寧に育てています。また、蒸気を直接吹き込んでもろみを加熱する吹き込み式蒸留器を使用することで、風味がよく、やわらかい酒質になるのが特徴で、コクと甘みを感じるバランスの良い泡盛が造られています。また、出来上がった泡盛はすぐには出荷せず、半年以上甕で寝かせて独特の刺激臭などを緩和させた後、ステンレスタンクに移してさらに熟成させてから商品化します。「基本に忠実」「万事に誠意をもって取り組む」をモットーに、伝統的な泡盛造りを続けています。
 代表銘柄の「南光(なんこう)」は、沖縄を表す「南」から本土に向かって発信する「光」をイメージして名付けられ、素朴な味わいで、泡盛本来の旨味や豊かな香りを最大限に生かしたなめらかな飲み口が特徴です。中でも「南光」の古酒は、泡盛鑑評会において、「沖縄国税事務所長賞」を複数回受賞しています。
 泡盛の独特の風味が苦手な人のために、飲みやすさを追求した銘柄「はなはな」シリーズは、独自に開発したハイビスカスから造った酵母などで仕込んだ泡盛で、フルーティーな香りと甘みのある飲み口は、食事にも合わせやすいと泡盛初心者を中心に人気が高まっています。神谷酒造所は地域に欠かせない存在で、出荷量の10%近くは町内で消費されています。

 1949年に東風平で創業し、2004年に現在の場所に移転しました。現在の社長は2代目です。

 工場見学は、事前予約にて可能です。
 住所:八重瀬町字世名城510-3
 TEL:098-998-2108
 HP:https://awamori.site/awamori/

〒901-0403
沖縄県八重瀬町世名城510−3

トップへ戻る