SPOTスポット

東風平の石獅子

 東風平(こちんだ)集落を守ってきた石獅子(シーサー)です。

住所

〒901-0401
沖縄県八重瀬町東風平195

東風平の石獅子

 東風平(こちんだ)集落を守ってきた石獅子(シーサー)です。

 東風平集落には、東西南北に村を囲むように4体の石獅子が残っています。東の石獅子、西に石獅子、南の石獅子は、ヒーザン(火山)といわれる八重瀬岳に向かって置かれていますが、北の石獅子は、近くの龕屋(がんやー)(遺体を運ぶための道具「龕(がん)」を保管している小屋)に向かって置かれています。

 北の石獅子のみが龕屋の方に向かって置かれているのは、魔除けの意味合いが強いと考えられています。

 地域の重要な文化財ですので、石獅子にはむやみに触れないようにお願いします。

 東風平集落には、東西南北に村を囲むように4体の石獅子が残っています。東の石獅子、西に石獅子、南の石獅子は、ヒーザン(火山)といわれる八重瀬岳に向かって置かれていますが、北の石獅子は、近くの龕屋(がんやー)(遺体を運ぶための道具「龕(がん)」を保管している小屋)に向かって置かれています。

 北の石獅子のみが龕屋の方に向かって置かれているのは、魔除けの意味合いが強いと考えられています。

 地域の重要な文化財ですので、石獅子にはむやみに触れないようにお願いします。

〒901-0401
沖縄県八重瀬町東風平195

トップへ戻る