SPOTスポット

ウッカガー(金武大川)

 「長寿の泉」ともよばれ、一日千トンもの水が湧き出る並里集落の先人からの文化遺産です。また、近くにある鍾乳洞のような割れ目の部分には神聖な雰囲気の漂っている拝所もあります。

住所

〒904-1201
沖縄県金武町金武

ウッカガー(金武大川)

 「長寿の泉」ともよばれ、一日千トンもの水が湧き出る並里集落の先人からの文化遺産です。また、近くにある鍾乳洞のような割れ目の部分には神聖な雰囲気の漂っている拝所もあります。

 ウッカガー(大川)は、並里集落の中央に位置する集落共同井泉で、カーヤマを背に湧出る清水は、県下に知られた井泉となっています。水道が普及するまで、金武並里住民の飲料水の汲み場であり、元日の若水を汲み、もやしを作り、夏の水浴を楽しむ語らいの場で朝に夕に人々が絶えない場でした。豊富な水量は、かんばつ時にも変わることなく、余水は武田原に注ぎ農業用水として稲・水芋の産地を形成しています。ウッカガーの上部には、鍾乳洞のような割れ目の部分があり、これは俗に「ウッカー洞」と呼ばれるパワースポットになっています。

 ウッカガーは、1923年に衛生上の見地から改修が計画され、金武並里両区で経費を負担し、翌1924年1月に竣工しました。コンクリートで用途別に区切り、道路を境に泉口の堰を飲料水、近くに男女の水浴場を設け、道路下方を洗濯、芋洗場、更に下方に牛馬の水浴せ場として構築されました。

 ウッカガーは、1992年5月7日、金武町の史跡に指定されています。
 無料駐車場が近くにあります。

 ウッカガー(大川)は、並里集落の中央に位置する集落共同井泉で、カーヤマを背に湧出る清水は、県下に知られた井泉となっています。水道が普及するまで、金武並里住民の飲料水の汲み場であり、元日の若水を汲み、もやしを作り、夏の水浴を楽しむ語らいの場で朝に夕に人々が絶えない場でした。豊富な水量は、かんばつ時にも変わることなく、余水は武田原に注ぎ農業用水として稲・水芋の産地を形成しています。ウッカガーの上部には、鍾乳洞のような割れ目の部分があり、これは俗に「ウッカー洞」と呼ばれるパワースポットになっています。

 ウッカガーは、1923年に衛生上の見地から改修が計画され、金武並里両区で経費を負担し、翌1924年1月に竣工しました。コンクリートで用途別に区切り、道路を境に泉口の堰を飲料水、近くに男女の水浴場を設け、道路下方を洗濯、芋洗場、更に下方に牛馬の水浴せ場として構築されました。

 ウッカガーは、1992年5月7日、金武町の史跡に指定されています。
 無料駐車場が近くにあります。

〒904-1201
沖縄県金武町金武

トップへ戻る