SPOTスポット

世界遺産グスクのふるさとの道

 歴史的な景観や色とりどりの花々、様々な表情のシーサーや芸術的なオブジェが沿道を彩っており、歴史、文化、自然の織りなすハーモニーが散策する人々の心と体をやさしく癒してくれます。

住所

〒901-2314
沖縄県北中城村大城

世界遺産グスクのふるさとの道

 歴史的な景観や色とりどりの花々、様々な表情のシーサーや芸術的なオブジェが沿道を彩っており、歴史、文化、自然の織りなすハーモニーが散策する人々の心と体をやさしく癒してくれます。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」の道沿いには、草花、花木、樹木、観葉など様々な種類の植物が植えられています。周辺の民家にも花や緑を植栽したり、また住民自ら協力的に植栽などを行っており、緑や色とりどりの花が連続する風景を作り出しています。また、一角には大城喫茶店と名付けられた東屋があったり、様々な表情のシーサー、芸術大学の学生や美術家から提供を受けた彫刻作品が一定の間隔で配置されており、見る人を楽しませる工夫がされています。集落内周辺には、平成の名水百選に認定された荻道・大城湧水群や世界遺産の中城城跡、指定文化財(国)の中村家などもあり、集落全体を時間をかけて楽しく散策できます。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」のある荻道(おぎどう)、大城(おおぐすく)の集落は、琉球王国が誕生する前から中城城の城下町として人々の暮らしが営まれていました。両集落では、フクギ並木、石垣、古いカー(井泉)が周囲の自然環境と共存するような沖縄の伝統的集落形態をとどめ、中村家住宅や荻堂貝塚といった国指定の文化財を有し、中城城跡を中心とした県営中城公園とも隣接しています。さらに、集落内には民俗学的に価値のあるカー(井泉)や拝所等の文化財が数多く残されています。毎年旧暦の7月17日には旗頭が集落内をねり歩く「旗すがし」や、両集落の成り立ちと関連しているといわれる「兄弟棒」等の伝統的な行事が現在も行われているなど、有形無形の文化財とともに歴史的形態を多く残しています。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」は、「日本のあるきたくなる道500選散歩道」に選定されています。
 所要時間40分程を想定しています。歩きやすい服装での散策をお勧めします。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」の道沿いには、草花、花木、樹木、観葉など様々な種類の植物が植えられています。周辺の民家にも花や緑を植栽したり、また住民自ら協力的に植栽などを行っており、緑や色とりどりの花が連続する風景を作り出しています。また、一角には大城喫茶店と名付けられた東屋があったり、様々な表情のシーサー、芸術大学の学生や美術家から提供を受けた彫刻作品が一定の間隔で配置されており、見る人を楽しませる工夫がされています。集落内周辺には、平成の名水百選に認定された荻道・大城湧水群や世界遺産の中城城跡、指定文化財(国)の中村家などもあり、集落全体を時間をかけて楽しく散策できます。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」のある荻道(おぎどう)、大城(おおぐすく)の集落は、琉球王国が誕生する前から中城城の城下町として人々の暮らしが営まれていました。両集落では、フクギ並木、石垣、古いカー(井泉)が周囲の自然環境と共存するような沖縄の伝統的集落形態をとどめ、中村家住宅や荻堂貝塚といった国指定の文化財を有し、中城城跡を中心とした県営中城公園とも隣接しています。さらに、集落内には民俗学的に価値のあるカー(井泉)や拝所等の文化財が数多く残されています。毎年旧暦の7月17日には旗頭が集落内をねり歩く「旗すがし」や、両集落の成り立ちと関連しているといわれる「兄弟棒」等の伝統的な行事が現在も行われているなど、有形無形の文化財とともに歴史的形態を多く残しています。

 「世界遺産グスクのふるさとの道」は、「日本のあるきたくなる道500選散歩道」に選定されています。
 所要時間40分程を想定しています。歩きやすい服装での散策をお勧めします。

〒901-2314
沖縄県北中城村大城

トップへ戻る