SPOTスポット

宜野座養殖場(車えびレストラン球屋)

 宜野座養殖場では、車えびを育て、販売・加工・レストラン経営も行い、6次産業を実践しています。養殖場に併設しているレストランでは、養殖している車えびを食べることができます。

住所

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座1008

HP

http://www.ginozaab.com/

宜野座養殖場(車えびレストラン球屋)

 宜野座養殖場では、車えびを育て、販売・加工・レストラン経営も行い、6次産業を実践しています。養殖場に併設しているレストランでは、養殖している車えびを食べることができます。

 宜野座村の豊かな自然の中、養殖場の目の前にはマングローブが広がり、栄養豊富な汽水とサンゴ礁のきれいな海水の両方を使える恵まれた環境で車えびを育てています。約3万㎡の敷地に10の池があり、海水をポンプでくみ上げ、水車で酸素を入れ、毎日水深約1.4mの池の中に潜りエビの状態を観察しています。併設しているレストラン球屋では、養殖池からの鮮度のよい獲れたての車えびを味わうことができます。店舗は宜野座川沿いにあり、食事をしながらマングローブ林を一望することができます。このレストランの隣に車えびを養殖する宜野座養殖場があり、球屋は、この養殖場で育った車えびを鮮度良くいただけるお食事処となっています。

 沖縄で車えびの養殖が開始されたのは、沖縄が本土に復帰する直前の1971年頃、久米島においてですが、今では、沖縄が車えびの養殖生産量日本一となっています。現在、沖縄県車海老漁業協同組合に登録されている車えびの養殖場は、沖縄本島に7か所、石垣島に3か所、宮古島に2か所、久米島に6か所ですが、宜野座養殖場もその一つとなっています。

 宜野座I.C(インターチェンジ)から車で3分程度のところにあります。
 
 宜野座養殖場・車えびレストラン球屋:http://www.ginozaab.com/

 宜野座村の豊かな自然の中、養殖場の目の前にはマングローブが広がり、栄養豊富な汽水とサンゴ礁のきれいな海水の両方を使える恵まれた環境で車えびを育てています。約3万㎡の敷地に10の池があり、海水をポンプでくみ上げ、水車で酸素を入れ、毎日水深約1.4mの池の中に潜りエビの状態を観察しています。併設しているレストラン球屋では、養殖池からの鮮度のよい獲れたての車えびを味わうことができます。店舗は宜野座川沿いにあり、食事をしながらマングローブ林を一望することができます。このレストランの隣に車えびを養殖する宜野座養殖場があり、球屋は、この養殖場で育った車えびを鮮度良くいただけるお食事処となっています。

 沖縄で車えびの養殖が開始されたのは、沖縄が本土に復帰する直前の1971年頃、久米島においてですが、今では、沖縄が車えびの養殖生産量日本一となっています。現在、沖縄県車海老漁業協同組合に登録されている車えびの養殖場は、沖縄本島に7か所、石垣島に3か所、宮古島に2か所、久米島に6か所ですが、宜野座養殖場もその一つとなっています。

 宜野座I.C(インターチェンジ)から車で3分程度のところにあります。
 
 宜野座養殖場・車えびレストラン球屋:http://www.ginozaab.com/

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座1008

トップへ戻る