SPOTスポット

前原(めーばる)遺跡

 オキナワウラジロガシのドングリを食べていたことを示す貝塚時代前期(縄文時代後期)の遺構が発見された貴重な遺跡です。遺跡の前には広大なイノー(ラグーン)が広がっており、風光明媚な場所となっています。

住所

〒904-1301
沖縄県宜野座村松田

前原(めーばる)遺跡

 オキナワウラジロガシのドングリを食べていたことを示す貝塚時代前期(縄文時代後期)の遺構が発見された貴重な遺跡です。遺跡の前には広大なイノー(ラグーン)が広がっており、風光明媚な場所となっています。

 前原(めーばる)遺跡は、貝塚時代早期・前期・中期・後期の遺跡です。その中でも貝塚時代前期(縄文時代後期)の土器(伊波式・荻堂式など)に伴い、約3800年前に作られたバーキ(カゴまたはザル)に入ったオキナワウラジロガシのドングリ、丸木舟の舳先などが確認されました。
 なお、前原遺跡は、貝塚時代の早期から後期の遺構や遺物(土器・石器・木製品など)が確認されていることから、長期に渡り、人々が当地を利用していたことがわかります。

 遺跡から発見される植物性の遺物は、通常、長い年月を経ると朽ちて消えていきますが、前原遺跡は、常に新鮮な湧水に浸かったまま空気に触れることがなかったため、約3800年前の状態で植物性の遺物が残っていました。前原遺跡で発見された貝塚時代のオキナワウラジロガシのドングリは当時の食生活を考える上でも貴重な資料となっています。
 なお、宜野座村では「前原貝塚」や「漢那貝塚」からも貝塚時代のドングリが確認されています。

 前原遺跡の前には、広大なイノー(ラグーン)が広がっており、貝塚時代は貝や魚が豊富に採れたことが、長期に渡り、人々が当地を利用していた理由と考えられます。

 前原(めーばる)遺跡は、貝塚時代早期・前期・中期・後期の遺跡です。その中でも貝塚時代前期(縄文時代後期)の土器(伊波式・荻堂式など)に伴い、約3800年前に作られたバーキ(カゴまたはザル)に入ったオキナワウラジロガシのドングリ、丸木舟の舳先などが確認されました。
 なお、前原遺跡は、貝塚時代の早期から後期の遺構や遺物(土器・石器・木製品など)が確認されていることから、長期に渡り、人々が当地を利用していたことがわかります。

 遺跡から発見される植物性の遺物は、通常、長い年月を経ると朽ちて消えていきますが、前原遺跡は、常に新鮮な湧水に浸かったまま空気に触れることがなかったため、約3800年前の状態で植物性の遺物が残っていました。前原遺跡で発見された貝塚時代のオキナワウラジロガシのドングリは当時の食生活を考える上でも貴重な資料となっています。
 なお、宜野座村では「前原貝塚」や「漢那貝塚」からも貝塚時代のドングリが確認されています。

 前原遺跡の前には、広大なイノー(ラグーン)が広がっており、貝塚時代は貝や魚が豊富に採れたことが、長期に渡り、人々が当地を利用していた理由と考えられます。

〒904-1301
沖縄県宜野座村松田

トップへ戻る