SPOTスポット

宜野座のガン屋

 かつての沖縄の葬制を知るだけでなく、沖縄戦前のコンクリート建築の技術を確認する上でも貴重な史跡となっています。

住所

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座

宜野座のガン屋

 かつての沖縄の葬制を知るだけでなく、沖縄戦前のコンクリート建築の技術を確認する上でも貴重な史跡となっています。

 ガン屋は、死者を墓所まで担ぎ運ぶ籠に似た「ガン」(現代でいう霊柩車)を納める小屋で、宜野座のガン屋は、宜野座集落と惣慶(そけい)集落の境界に建てられています。かつてガン屋は宜野座村地域の各集落にありましたが、現存しているものは稀少となっています。

 宜野座村は、1955年頃に風葬から火葬に変わったため、現在ではガンを使用していませんが、かつての葬墓制を考える上でもガン屋は貴重な資料となっています。なお、宜野座のガン屋は、元々、茅葺で造られていましたが、1930年(昭和5年)頃にはコンクリート製に建て替えられています。

 宜野座のガン屋に納められているガンは、長い年月により劣化しているため、触ることはできません。

 ガン屋は、死者を墓所まで担ぎ運ぶ籠に似た「ガン」(現代でいう霊柩車)を納める小屋で、宜野座のガン屋は、宜野座集落と惣慶(そけい)集落の境界に建てられています。かつてガン屋は宜野座村地域の各集落にありましたが、現存しているものは稀少となっています。

 宜野座村は、1955年頃に風葬から火葬に変わったため、現在ではガンを使用していませんが、かつての葬墓制を考える上でもガン屋は貴重な資料となっています。なお、宜野座のガン屋は、元々、茅葺で造られていましたが、1930年(昭和5年)頃にはコンクリート製に建て替えられています。

 宜野座のガン屋に納められているガンは、長い年月により劣化しているため、触ることはできません。

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座