SPOTスポット

メーガー遺跡

 人々が古い時代から洞穴の開口部を流れる地下河川を水場とし、集落が形成されていったという歴史的な変遷を窺い知ることができる遺跡です。

住所

〒904-1301
沖縄県宜野座村松田

HP

https://ginozanavi.com/enjoys/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E6%B4%9E/

メーガー遺跡

 人々が古い時代から洞穴の開口部を流れる地下河川を水場とし、集落が形成されていったという歴史的な変遷を窺い知ることができる遺跡です。

 メーガー遺跡は、地下河川の作用によって形成された鍾乳洞の天井が落盤してできた陥没ドリーネの「メーガー洞穴」に立地する遺跡です。

 メーガー洞穴の「クジキガー」と呼ばれる場所には、かつて海の貝や灰の層が堆積しており、村教育委員会の試掘調査では、地上から陥没ドリーネに投げ込まれるようにグスク時代の土器・中国産の白磁や青磁・鍛冶場(鉄の道具を作る工房)の痕跡を示す石製の「フィーゴの羽口」が出土しています。また、メーガー洞穴の「ウマアシビグムイ」と呼ばれる場所では、馬の水浴びや山羊・豚の屠殺が行われており、「ミーガー(新泉)」と呼ばれる場所は、集落に水道が普及する以前は飲料水を採取する大切な水場で、沖縄戦時は地域の人々や沖縄島の南部から避難してきた人々の避難所としても利用されていました。     

 ハブがいますので、柵を乗り越えたりしないなど、注意をお願いします。

 宜野座村観光協会:https://ginozanavi.com/enjoys/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E6%B4%9E/

 メーガー遺跡は、地下河川の作用によって形成された鍾乳洞の天井が落盤してできた陥没ドリーネの「メーガー洞穴」に立地する遺跡です。

 メーガー洞穴の「クジキガー」と呼ばれる場所には、かつて海の貝や灰の層が堆積しており、村教育委員会の試掘調査では、地上から陥没ドリーネに投げ込まれるようにグスク時代の土器・中国産の白磁や青磁・鍛冶場(鉄の道具を作る工房)の痕跡を示す石製の「フィーゴの羽口」が出土しています。また、メーガー洞穴の「ウマアシビグムイ」と呼ばれる場所では、馬の水浴びや山羊・豚の屠殺が行われており、「ミーガー(新泉)」と呼ばれる場所は、集落に水道が普及する以前は飲料水を採取する大切な水場で、沖縄戦時は地域の人々や沖縄島の南部から避難してきた人々の避難所としても利用されていました。     

 ハブがいますので、柵を乗り越えたりしないなど、注意をお願いします。

 宜野座村観光協会:https://ginozanavi.com/enjoys/%E6%9D%BE%E7%94%B0%E9%8D%BE%E4%B9%B3%E6%B4%9E/

〒904-1301
沖縄県宜野座村松田

トップへ戻る