SPOTスポット

シタドゥミガー

 惣慶(そけい)の集落の人たちが利用していた井泉です。井泉にコンクリートの覆いが設置されていますが、金網から井泉を見ることができます。

住所

〒904-1303
沖縄県宜野座村惣慶

シタドゥミガー

 惣慶(そけい)の集落の人たちが利用していた井泉です。井泉にコンクリートの覆いが設置されていますが、金網から井泉を見ることができます。

 惣慶(そけい)の集落内にある井泉で、かつては惣慶の集落や隣の宜野座の集落の人たちがよく利用していました。現在は使われていませんが、今でも水が湧いています。水源地の周辺に集落が形成される状況を知ることができる井泉となっています。

 シタドゥミガーは、古くから惣慶にあるといわれていますが、いつ頃に造られたのか詳細は不明です。飲料水に適していたため、水道が整備される以前は、近隣の惣慶の住民や隣の字宜野座の人々が利用していました。沖縄戦時は、沖縄島の中南部の避難民や米軍の民間人捕虜が水を汲むため、深夜3時から行列ができていました。

 シタドゥミガーを利用した人々は、旧暦9月9日の「カー拝み」の日に、門中(一族)や家庭で餅・酒・花米・火をつけない線香を捧げることで、水の神に感謝を表しています。

 惣慶(そけい)の集落内にある井泉で、かつては惣慶の集落や隣の宜野座の集落の人たちがよく利用していました。現在は使われていませんが、今でも水が湧いています。水源地の周辺に集落が形成される状況を知ることができる井泉となっています。

 シタドゥミガーは、古くから惣慶にあるといわれていますが、いつ頃に造られたのか詳細は不明です。飲料水に適していたため、水道が整備される以前は、近隣の惣慶の住民や隣の字宜野座の人々が利用していました。沖縄戦時は、沖縄島の中南部の避難民や米軍の民間人捕虜が水を汲むため、深夜3時から行列ができていました。

 シタドゥミガーを利用した人々は、旧暦9月9日の「カー拝み」の日に、門中(一族)や家庭で餅・酒・花米・火をつけない線香を捧げることで、水の神に感謝を表しています。

〒904-1303
沖縄県宜野座村惣慶

トップへ戻る