SPOTスポット

カサグガー

 石灰岩丘陵台地の裾から湧き出す泉を通して、地域の人々の水源地の利用を知ることができます。

住所

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座

カサグガー

 石灰岩丘陵台地の裾から湧き出す泉を通して、地域の人々の水源地の利用を知ることができます。

 石灰岩丘陵台地と嘉陽層の隙間から湧き出る泉です。現在、カサクガーは車エビ養殖場の敷地となっており、水草や小魚の育成に利用しています。

 かつてカサクガーの周辺には、湧水を利用した水田「カサグダー」がありました。水道が整備される以前、カサクガーは字宜野座の屋取集落である「大久保」の人々が飲み水・水浴び・雑用水に利用していたそうです。また、沖縄戦の直後は、沖縄島の中南部の避難民や米軍の民間人捕虜の飲み水にも利用されたため、カサクガーには今でも感謝を忘れず拝みに訪れる方がいるそうです。

 カサクガーは車エビ養殖場の敷地内となっているため、見学には許可が必要です。

 石灰岩丘陵台地と嘉陽層の隙間から湧き出る泉です。現在、カサクガーは車エビ養殖場の敷地となっており、水草や小魚の育成に利用しています。

 かつてカサクガーの周辺には、湧水を利用した水田「カサグダー」がありました。水道が整備される以前、カサクガーは字宜野座の屋取集落である「大久保」の人々が飲み水・水浴び・雑用水に利用していたそうです。また、沖縄戦の直後は、沖縄島の中南部の避難民や米軍の民間人捕虜の飲み水にも利用されたため、カサクガーには今でも感謝を忘れず拝みに訪れる方がいるそうです。

 カサクガーは車エビ養殖場の敷地内となっているため、見学には許可が必要です。

〒904-1302
沖縄県宜野座村宜野座