SPOTスポット

見花原(みはなばる)遊歩道

 見花原遊歩道一帯は海から吹き付ける強い風のため、樹高が低い風衝植生と呼ばれる植生が見られます。リュウキュウマツやオキナワハイネズ、コモウセンゴケなど様々な植物を楽しみながら散策することができます。また、白い砂岩質の歩道には、所々に黒い泥(千枚岩)の層やポットホールと呼ばれる自然が作り出した穴やくぼみを見ることもできます。
 高台から見渡す海、空、島々の景観など雄大な景色が広がります。

住所

〒901-3502
沖縄県渡嘉敷村阿波連

見花原(みはなばる)遊歩道

 見花原遊歩道一帯は海から吹き付ける強い風のため、樹高が低い風衝植生と呼ばれる植生が見られます。リュウキュウマツやオキナワハイネズ、コモウセンゴケなど様々な植物を楽しみながら散策することができます。また、白い砂岩質の歩道には、所々に黒い泥(千枚岩)の層やポットホールと呼ばれる自然が作り出した穴やくぼみを見ることもできます。
 高台から見渡す海、空、島々の景観など雄大な景色が広がります。

 平成29年3月5日(サンゴの日)に開通しました。
 全長約1kmの遊歩道で、途中2か所に東屋が整備されています。歩道の終着点は展望所になっており、海岸線の切り立った急崖地の絶景やはるかには沖縄本島を望むことができます。

 この遊歩道沿いに自生しているリュウキュウマツは小ぶりであり、盆栽としての価値が非常に高く採取された時代もありましたが、現在は採取が法律で禁止され、景観が守られています。

 遊歩道は東屋以外木陰などがないため、熱中症に注意しましょう。
 自然を生かした舗装されていない歩道になっていますので、歩きやすい靴でお越しください。

 平成29年3月5日(サンゴの日)に開通しました。
 全長約1kmの遊歩道で、途中2か所に東屋が整備されています。歩道の終着点は展望所になっており、海岸線の切り立った急崖地の絶景やはるかには沖縄本島を望むことができます。

 この遊歩道沿いに自生しているリュウキュウマツは小ぶりであり、盆栽としての価値が非常に高く採取された時代もありましたが、現在は採取が法律で禁止され、景観が守られています。

 遊歩道は東屋以外木陰などがないため、熱中症に注意しましょう。
 自然を生かした舗装されていない歩道になっていますので、歩きやすい靴でお越しください。

〒901-3502
沖縄県渡嘉敷村阿波連

トップへ戻る