SPOTスポット

津波(つは)海岸

 海の向こうに古宇利島を見ることができ、海岸と駐車スペースの間には、日差しを避けることができる木々が生えている風光明媚な景勝地です。

住所

〒905-1318
沖縄県大宜味村津波

津波(つは)海岸

 海の向こうに古宇利島を見ることができ、海岸と駐車スペースの間には、日差しを避けることができる木々が生えている風光明媚な景勝地です。

 津波北側の海岸から宮城島に向かって塩屋湾開口部を閉じるような形でトウッケー板干瀬(板状の岩が何枚も重なりあって板を敷いたように見えます。)が形成されています。大潮の干潮時に訪れると、海にできた1本道のように見えます。海岸にはモクマオウの木があり、木陰でゆっくりすることができます。

 津波(つは)とは、琉球王国時代に記録のある地名であり、琉球音はチファ、津葉の異形とされます。現在は、津波は、大宜味村の字の一つとなっています。

 浜辺には大きめの石が多いので海水浴にはあまり向かず、キャンプに向いている場所です。‬
 ハブクラゲ等に注意してください。

 津波北側の海岸から宮城島に向かって塩屋湾開口部を閉じるような形でトウッケー板干瀬(板状の岩が何枚も重なりあって板を敷いたように見えます。)が形成されています。大潮の干潮時に訪れると、海にできた1本道のように見えます。海岸にはモクマオウの木があり、木陰でゆっくりすることができます。

 津波(つは)とは、琉球王国時代に記録のある地名であり、琉球音はチファ、津葉の異形とされます。現在は、津波は、大宜味村の字の一つとなっています。

 浜辺には大きめの石が多いので海水浴にはあまり向かず、キャンプに向いている場所です。‬
 ハブクラゲ等に注意してください。

〒905-1318
沖縄県大宜味村津波

トップへ戻る