SPOTスポット

結の浜(ゆいのはま)

 東シナ海に沈むきれいな夕日を見ることができる穴場スポットです。

住所

〒905-1311
沖縄県大宜味村塩屋

結の浜(ゆいのはま)

 東シナ海に沈むきれいな夕日を見ることができる穴場スポットです。

 結の浜(ゆいのはま)の後背に造成された結の浜公園(運動公園)は、コンビネーション遊具、すべり台、スイング・ブランコ、バスケットコート、遊歩道などが整備され、休日は親子連れでにぎわいます。また、近くの高台からは、大宜味小中学校や結の浜を望むことができます。

 大宜味村は、山地丘陵地が多く平地部が極端に少ないため、住宅地や公共施設等の用地が不足してきました。また、集落や公共施設が分散しており、村の中心部分的な場を形成することができませんでした。そのため、2007年度に大保ダムの建設に伴う残土を利用して、塩屋湾外海の公有水面を埋め立てて、約32.7haの造成地「結の浜」地区を創出しました。現在、村営住宅、村立診療所、企業支援施設、結の浜公園等の整備は完了しており、次いで大宜味小学校、大宜味中学校が建設され、分譲もされました。

 国道58号沿いのローソン大宜味塩屋店手前を左折した付近一帯にあります。

 結の浜(ゆいのはま)の後背に造成された結の浜公園(運動公園)は、コンビネーション遊具、すべり台、スイング・ブランコ、バスケットコート、遊歩道などが整備され、休日は親子連れでにぎわいます。また、近くの高台からは、大宜味小中学校や結の浜を望むことができます。

 大宜味村は、山地丘陵地が多く平地部が極端に少ないため、住宅地や公共施設等の用地が不足してきました。また、集落や公共施設が分散しており、村の中心部分的な場を形成することができませんでした。そのため、2007年度に大保ダムの建設に伴う残土を利用して、塩屋湾外海の公有水面を埋め立てて、約32.7haの造成地「結の浜」地区を創出しました。現在、村営住宅、村立診療所、企業支援施設、結の浜公園等の整備は完了しており、次いで大宜味小学校、大宜味中学校が建設され、分譲もされました。

 国道58号沿いのローソン大宜味塩屋店手前を左折した付近一帯にあります。

〒905-1311
沖縄県大宜味村塩屋

トップへ戻る