SPOTスポット

宮城新昌(みやぎしんしょう)顕彰碑

 カキ養殖の礎を築いた宮城新昌(みやぎしんしょう)氏をたたえる碑です。塩屋湾をバックに建立されており、碑のある場所からは塩屋湾の絶景を望むことができます。

住所

〒905-1312
沖縄県大宜味村屋古

宮城新昌(みやぎしんしょう)顕彰碑

 カキ養殖の礎を築いた宮城新昌(みやぎしんしょう)氏をたたえる碑です。塩屋湾をバックに建立されており、碑のある場所からは塩屋湾の絶景を望むことができます。

 世界で初めてカキの垂下式(すいかしき)養殖技術を実用化し、「カキ養殖の父」、「世界のカキ王」と呼ばれる宮城新昌氏の功績をたたえる碑で、2009年に建立されました。宮城新昌氏は、垂下式養殖技術の実用化により、日本の種カキで北太平洋沿岸のカキ養殖事業を飛躍的に発展させたといわれています。その技術は宮城を始め千葉や全国に伝えられ、多くの人に感謝されました。‬

 1884年に大宜味村根路銘(ねろめ)で生まれた宮城新昌氏は、県立農林学校を卒業後渡米してカキの養殖に携わり、帰国後の1924年に「垂下式カキ養殖法」を考案しました。垂下式カキ養殖法とは、種ガキなどを、縄や針金で連結したり金網に入れたりして、支柱に渡した横木あるいは筏(いかだ)から水中につり下げて行う養殖法のことです。

 無料駐車場があります。
 大宜味村塩屋湾屋古の国道331号沿いの塩屋湾を臨む場所にあり、塩屋湾を見ながら休憩するのもお勧めです。

 世界で初めてカキの垂下式(すいかしき)養殖技術を実用化し、「カキ養殖の父」、「世界のカキ王」と呼ばれる宮城新昌氏の功績をたたえる碑で、2009年に建立されました。宮城新昌氏は、垂下式養殖技術の実用化により、日本の種カキで北太平洋沿岸のカキ養殖事業を飛躍的に発展させたといわれています。その技術は宮城を始め千葉や全国に伝えられ、多くの人に感謝されました。‬

 1884年に大宜味村根路銘(ねろめ)で生まれた宮城新昌氏は、県立農林学校を卒業後渡米してカキの養殖に携わり、帰国後の1924年に「垂下式カキ養殖法」を考案しました。垂下式カキ養殖法とは、種ガキなどを、縄や針金で連結したり金網に入れたりして、支柱に渡した横木あるいは筏(いかだ)から水中につり下げて行う養殖法のことです。

 無料駐車場があります。
 大宜味村塩屋湾屋古の国道331号沿いの塩屋湾を臨む場所にあり、塩屋湾を見ながら休憩するのもお勧めです。

〒905-1312
沖縄県大宜味村屋古

トップへ戻る