SPOTスポット

神山御嶽とオガタマノキ

 1円玉の裏にデザインされている8枚の葉を持つオガタマノキを見ることができます。

住所

〒905-1206
沖縄県東村有銘

神山御嶽とオガタマノキ

 1円玉の裏にデザインされている8枚の葉を持つオガタマノキを見ることができます。

 モクレニン科の植物であるこのオガタマノキは、有銘小中学校の裏山の神山御嶽内のうっそうと生い茂った林の中に生えている高さ約15m、斡周り約3m、樹冠約17mという堂々とした巨木です。「招霊(おきたま)の木」が転じたともいわれ、日本では古くから神社によく植えられています。1円玉の裏には、このオガタマノキの葉が8枚デザインされています。1月、2月頃には白い花が咲きます。

 有銘小中学校の裏山一帯を神の森(神山御嶽)と称しています。ウガン(卸神)ともウタキ(卸獄)とも呼ばれ、神の山とされています。このように聖なる山であることから、木一本切ることも許されない場所となっています。その神の森の鬱蒼とした林の中に白い樹肌をした「オガタマ」の大木が有り、地域の人たちによって大事に守られています。

 ウガンの森の中腹に位置し、現在は避難路である木道から見ることができます。2007年2月におきなわの名木として認定されています。
2001年1月30日に村の天然記念物に指定されました。

 モクレニン科の植物であるこのオガタマノキは、有銘小中学校の裏山の神山御嶽内のうっそうと生い茂った林の中に生えている高さ約15m、斡周り約3m、樹冠約17mという堂々とした巨木です。「招霊(おきたま)の木」が転じたともいわれ、日本では古くから神社によく植えられています。1円玉の裏には、このオガタマノキの葉が8枚デザインされています。1月、2月頃には白い花が咲きます。

 有銘小中学校の裏山一帯を神の森(神山御嶽)と称しています。ウガン(卸神)ともウタキ(卸獄)とも呼ばれ、神の山とされています。このように聖なる山であることから、木一本切ることも許されない場所となっています。その神の森の鬱蒼とした林の中に白い樹肌をした「オガタマ」の大木が有り、地域の人たちによって大事に守られています。

 ウガンの森の中腹に位置し、現在は避難路である木道から見ることができます。2007年2月におきなわの名木として認定されています。
2001年1月30日に村の天然記念物に指定されました。

〒905-1206
沖縄県東村有銘

トップへ戻る