SPOTスポット

クイナ湖

 クイナ湖の周辺にはやんばるの森の景色の象徴的存在となっているイタジイの木が多く、3月頃に新芽を出すと山全体が黄緑色に染まり美しい景色に染まります。場所によってはヒカゲヘゴ(日本で最大のシダ植物)が群生しており、あたかも映画「ジュラシックパーク」の世界に入り込んだような、亜熱帯のジャングルの雰囲気を楽しむことができます。

住所

〒905-1504
沖縄県国頭村安波

HP

http://www.atabii.jp/

クイナ湖

 クイナ湖の周辺にはやんばるの森の景色の象徴的存在となっているイタジイの木が多く、3月頃に新芽を出すと山全体が黄緑色に染まり美しい景色に染まります。場所によってはヒカゲヘゴ(日本で最大のシダ植物)が群生しており、あたかも映画「ジュラシックパーク」の世界に入り込んだような、亜熱帯のジャングルの雰囲気を楽しむことができます。

 クイナ湖とは、安波ダムの貯水池、ダム湖のことです。ダム湖の総貯水容量は1860万㎥に及びますが、これは、沖縄本島内にある9つの国管理ダムの中では、福地ダム、大保ダム、羽地ダムに次ぐ4番目の容量となっています。湖畔の上流には展望広場があり、ダムや周辺の山々を見渡すことができます。
 なお、クイナ湖の上流には、「シンゲランファーの滝」と「雨降りの滝」があり、安波ダムの水位が高い時にしか行くことができないため、幻の滝と呼ばれています。

 安波ダムのダム湖の名称については、1988年、「森と湖に親しむ旬間」を機に公募し「クイナ湖」と命名されました。地元の国頭村山中でクイナの新種として発見された「ヤンバルクイナ」に由来しています。ヤンバルクイナは国頭村の村鳥で、1982年に国の天然記念物に指定されました。

 安波ダム近傍には「やんばる学びの森」があり、ダム湖を活用したカヌーツアーや森林内散策などのエコツアーなど、様々なプログラムを体験できます。
 ダム湖体験については、学びの森などの団体が行うカヌーツアーや、安波ダムクイナまつり(隔年開催)ではダム湖面遊覧が人気であり、ダムの貯水位が高い時期であれば、幻の滝といわれている「シゲランファーの滝」、「雨降りの滝」を見ることができます。


 各種体験ツアー http://www.atabii.jp/

 クイナ湖とは、安波ダムの貯水池、ダム湖のことです。ダム湖の総貯水容量は1860万㎥に及びますが、これは、沖縄本島内にある9つの国管理ダムの中では、福地ダム、大保ダム、羽地ダムに次ぐ4番目の容量となっています。湖畔の上流には展望広場があり、ダムや周辺の山々を見渡すことができます。
 なお、クイナ湖の上流には、「シンゲランファーの滝」と「雨降りの滝」があり、安波ダムの水位が高い時にしか行くことができないため、幻の滝と呼ばれています。

 安波ダムのダム湖の名称については、1988年、「森と湖に親しむ旬間」を機に公募し「クイナ湖」と命名されました。地元の国頭村山中でクイナの新種として発見された「ヤンバルクイナ」に由来しています。ヤンバルクイナは国頭村の村鳥で、1982年に国の天然記念物に指定されました。

 安波ダム近傍には「やんばる学びの森」があり、ダム湖を活用したカヌーツアーや森林内散策などのエコツアーなど、様々なプログラムを体験できます。
 ダム湖体験については、学びの森などの団体が行うカヌーツアーや、安波ダムクイナまつり(隔年開催)ではダム湖面遊覧が人気であり、ダムの貯水位が高い時期であれば、幻の滝といわれている「シゲランファーの滝」、「雨降りの滝」を見ることができます。


 各種体験ツアー http://www.atabii.jp/

〒905-1504
沖縄県国頭村安波