SPOTスポット

ピナイサーラの滝

 沖縄県内で最も大きい落差を誇る滝で、その様子は、海岸沿いの船浦の海中道路からも眺めることができます。

住所

〒907-1541
沖縄県竹富町上原

ピナイサーラの滝

 沖縄県内で最も大きい落差を誇る滝で、その様子は、海岸沿いの船浦の海中道路からも眺めることができます。

 西表島の北岸近くに位置するテドウ山(標高440m)の北麓にあり、落差約55mを誇る細長い滝で、その落差は沖縄県内で最も大きいとされています。幅が200m以上もある垂直の断崖から流れ落ちる滝の様子は圧巻です。夏場は滝壺で泳ぐこともできます。また、滝の上から見える眼前の壮大な植物群落と青い海の対比、そしてその奥に見える鳩間島は、沖縄県内でもトップクラスを争う絶景スポットです。

 ピナイサーラの名は、ピナイが「髭」、サーラが「下がったもの」を意味し、この滝の様子が白いひげが垂れ下がっているように見えることから、このように呼ばれるようになりました。

 ピナイサーラの滝へ行くには、一般的にマーレ川からカヌーでマングローブ林の中を進み、途中でトレッキングに切り替えて目指します。
 トレッキングでは、板根のサキシマスオウノキやシダ植物、サキシマキノボリトカゲ等を見ることができます。
 マーレ川は駐車場が整備されており、遊歩道で干潟を散策するのみでも楽しむことができます。
 西表島でのアクティビティ(カヌー、トレッキング、ケイビング、SUP、キャニオニング等)に参加する際は、竹富町に登録されたガイドの利用をお願いしています。

 西表島の北岸近くに位置するテドウ山(標高440m)の北麓にあり、落差約55mを誇る細長い滝で、その落差は沖縄県内で最も大きいとされています。幅が200m以上もある垂直の断崖から流れ落ちる滝の様子は圧巻です。夏場は滝壺で泳ぐこともできます。また、滝の上から見える眼前の壮大な植物群落と青い海の対比、そしてその奥に見える鳩間島は、沖縄県内でもトップクラスを争う絶景スポットです。

 ピナイサーラの名は、ピナイが「髭」、サーラが「下がったもの」を意味し、この滝の様子が白いひげが垂れ下がっているように見えることから、このように呼ばれるようになりました。

 ピナイサーラの滝へ行くには、一般的にマーレ川からカヌーでマングローブ林の中を進み、途中でトレッキングに切り替えて目指します。
 トレッキングでは、板根のサキシマスオウノキやシダ植物、サキシマキノボリトカゲ等を見ることができます。
 マーレ川は駐車場が整備されており、遊歩道で干潟を散策するのみでも楽しむことができます。
 西表島でのアクティビティ(カヌー、トレッキング、ケイビング、SUP、キャニオニング等)に参加する際は、竹富町に登録されたガイドの利用をお願いしています。

〒907-1541
沖縄県竹富町上原