SPOTスポット

我如古グスク

 我如古集落の中でも小高い丘に、拝所と井戸が所在するグスクです。

住所

〒901-2214
沖縄県宜野湾市我如古

我如古グスク

 我如古集落の中でも小高い丘に、拝所と井戸が所在するグスクです。

 グスクの頂上部は 東西約45m、南北約20mもあるといわれ、その一角に我如古大主を祀る御嶽とグスクヌカーが所在します。現在丘陵一帯は墓地となっており、グスクに関わる遺構は見当たりませんが御嶽とグスクヌカーはサングワチャー行事で拝まれています。

 口碑伝承によると、約500年ほど前に我如古大主は根所の新垣(屋号)の祖先で、中山王武寧の三男として生まれました。父、武寧が南山佐敷按司との戦いに敗れたため、その子である我如古大主は追われ、避難したところが我如古集落であったと言われています。その後、我如古グスクを築城したと伝えられていますが、現在のところ伝承以外の記録は見つかっていません。

 周辺に駐車場はありません。

 グスクの頂上部は 東西約45m、南北約20mもあるといわれ、その一角に我如古大主を祀る御嶽とグスクヌカーが所在します。現在丘陵一帯は墓地となっており、グスクに関わる遺構は見当たりませんが御嶽とグスクヌカーはサングワチャー行事で拝まれています。

 口碑伝承によると、約500年ほど前に我如古大主は根所の新垣(屋号)の祖先で、中山王武寧の三男として生まれました。父、武寧が南山佐敷按司との戦いに敗れたため、その子である我如古大主は追われ、避難したところが我如古集落であったと言われています。その後、我如古グスクを築城したと伝えられていますが、現在のところ伝承以外の記録は見つかっていません。

 周辺に駐車場はありません。

〒901-2214
沖縄県宜野湾市我如古

トップへ戻る