SPOTスポット

大謝名黄金森グスク(おおじゃなクガニムイグスク)

 現在は祠が建てられ、イーヌヤマ(上之山)にあった御嶽がおかれています。

住所

〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝名

大謝名黄金森グスク(おおじゃなクガニムイグスク)

 現在は祠が建てられ、イーヌヤマ(上之山)にあった御嶽がおかれています。

 黄金森グスク、クガニナー(黄金庭、黄金宮)と呼ばれています。『琉球国由来記』には「コガネミヤヨリアゲ森(神名:真次良御イベ)」との記述があります。察度が中山王として即位する前に楼閣(ろうかく)を建造し、居住した場所だと伝えられています。周辺一帯からは、グスク時代の土器や中国製の陶磁器などが採取されています。地域の人々は、察度の功績をたたえ、この地を聖地として現在も大切に守り続けています。

 天女の子と言われる察度は貧しい暮らしをしていましたが、勝連按司の娘は彼の徳を見抜き嫁入りを決めました。当時、牧港には日本の商船が出入りしており、察度は自分の畑に転がっていた黄金で鉄を買い、農具を作って民衆に配りました。彼らの心をつかんだ察度はやがて浦添城の按司となり、その後中山王に即位し明との貿易を正式に始め、東南アジアにまたがる交易の礎を築きました。

 周辺に駐車場はありません。

 黄金森グスク、クガニナー(黄金庭、黄金宮)と呼ばれています。『琉球国由来記』には「コガネミヤヨリアゲ森(神名:真次良御イベ)」との記述があります。察度が中山王として即位する前に楼閣(ろうかく)を建造し、居住した場所だと伝えられています。周辺一帯からは、グスク時代の土器や中国製の陶磁器などが採取されています。地域の人々は、察度の功績をたたえ、この地を聖地として現在も大切に守り続けています。

 天女の子と言われる察度は貧しい暮らしをしていましたが、勝連按司の娘は彼の徳を見抜き嫁入りを決めました。当時、牧港には日本の商船が出入りしており、察度は自分の畑に転がっていた黄金で鉄を買い、農具を作って民衆に配りました。彼らの心をつかんだ察度はやがて浦添城の按司となり、その後中山王に即位し明との貿易を正式に始め、東南アジアにまたがる交易の礎を築きました。

 周辺に駐車場はありません。

〒901-2225
沖縄県宜野湾市大謝名

トップへ戻る