SPOTスポット

渡名喜村歴史民俗資料館

 村歴史民俗資料館は、渡名喜の歴史、民俗、自然について学ぶことができる所です。「現在と過去との対話」をする場所であり、過去を知り未来への展望をもたらしてくれる場所、また私たちが自分自身の立っている足下を深く学び、誇りや愛着を抱き、アイデンティティを形成してくれる場所です。

住所

〒901-3601
沖縄県渡名喜村1935番地

渡名喜村歴史民俗資料館

 村歴史民俗資料館は、渡名喜の歴史、民俗、自然について学ぶことができる所です。「現在と過去との対話」をする場所であり、過去を知り未来への展望をもたらしてくれる場所、また私たちが自分自身の立っている足下を深く学び、誇りや愛着を抱き、アイデンティティを形成してくれる場所です。

 人類が渡名喜島に住んでいた時代の遺跡から沖縄縄文時代・琉球王朝時代、そして現代まで島の人々の生活してきたこと、歴史・文化、生業(漁業、農業)、祭祀について展示しています。遺跡から出土した人骨、土器や昔の生活用品等のグラフィック、魚や豚、牛のレプリカ、サバニ・鰹漁の模型、伝統的建造物としての家屋模型等がかなり精工にできています。交流ゾーンにおいては島の人々と来館者が交流できるようにしています。多言語ガイダンス機能を備えており、渡名喜の今昔のことを知りたい方、子ども達の学習の場として、村民と出身者、来訪者の交流の場として活用されています。

 歴史民俗資料館は小学校跡地に作られました。

 地域を知り、内外に渡名喜を紹介できる場所です。
 渡名喜村立歴史民俗資料館(098-989-2120)

 人類が渡名喜島に住んでいた時代の遺跡から沖縄縄文時代・琉球王朝時代、そして現代まで島の人々の生活してきたこと、歴史・文化、生業(漁業、農業)、祭祀について展示しています。遺跡から出土した人骨、土器や昔の生活用品等のグラフィック、魚や豚、牛のレプリカ、サバニ・鰹漁の模型、伝統的建造物としての家屋模型等がかなり精工にできています。交流ゾーンにおいては島の人々と来館者が交流できるようにしています。多言語ガイダンス機能を備えており、渡名喜の今昔のことを知りたい方、子ども達の学習の場として、村民と出身者、来訪者の交流の場として活用されています。

 歴史民俗資料館は小学校跡地に作られました。

 地域を知り、内外に渡名喜を紹介できる場所です。
 渡名喜村立歴史民俗資料館(098-989-2120)

〒901-3601
沖縄県渡名喜村1935番地

トップへ戻る