SPOTスポット

渡名喜村集落内のフクギ

 渡名喜番所渡名喜小中学校跡のフクギは隣り合う9本の木が枝を重ね合わせ立っているため、離れた場所からみると、まるで1本の大きな樹木が枝を広げているように見えます。

住所

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

渡名喜村集落内のフクギ

 渡名喜番所渡名喜小中学校跡のフクギは隣り合う9本の木が枝を重ね合わせ立っているため、離れた場所からみると、まるで1本の大きな樹木が枝を広げているように見えます。

 旧小中学校跡のフクギは樹高14mのものを筆頭に合わせて9本からなる樹齢250年のフクギ群です。島には樹齢230年、240年、250年、260年、のフクギがあり渡名喜島のフクギの最も古いものは現時点で260年とされ樹齢200年を超えるフクギが村の至る所にあります。

 渡名喜番所渡名喜小中学校跡のフクギは琉球王朝時代、農耕地と番所の境界線になるように植えたという由来を持つ樹木です。防風防火のための徹底したフクギの屋敷囲いは、台風や季節風の備えばかりではなく、住民のプライベートや日常の風通しの効果を高め良好な住環境を形成しております。

 フクギは渡名喜村の村木でもあり、いにしえの渡名喜島の風景を知っている当樹木は、この島の歴史を刻んだ貴重な樹木であり沖縄名木100選に選ばれています。
 樹齢の高い集落のフクギは東字にあります。集落を散策しながら探してみてください。

 旧小中学校跡のフクギは樹高14mのものを筆頭に合わせて9本からなる樹齢250年のフクギ群です。島には樹齢230年、240年、250年、260年、のフクギがあり渡名喜島のフクギの最も古いものは現時点で260年とされ樹齢200年を超えるフクギが村の至る所にあります。

 渡名喜番所渡名喜小中学校跡のフクギは琉球王朝時代、農耕地と番所の境界線になるように植えたという由来を持つ樹木です。防風防火のための徹底したフクギの屋敷囲いは、台風や季節風の備えばかりではなく、住民のプライベートや日常の風通しの効果を高め良好な住環境を形成しております。

 フクギは渡名喜村の村木でもあり、いにしえの渡名喜島の風景を知っている当樹木は、この島の歴史を刻んだ貴重な樹木であり沖縄名木100選に選ばれています。
 樹齢の高い集落のフクギは東字にあります。集落を散策しながら探してみてください。

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

トップへ戻る