SPOTスポット

西森園地展望台

 急勾配の坂を登り切った人だけが見る事ができる景色は圧巻で、周辺の海や島々を見渡せる他、空の近さも感じられる場所です。

住所

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

西森園地展望台

 急勾配の坂を登り切った人だけが見る事ができる景色は圧巻で、周辺の海や島々を見渡せる他、空の近さも感じられる場所です。

 西森園地は島の北側にあり標高146mの展望デッキからは久米島や粟国島が望め、すぐ西側に平坦な円形の無人島の入砂島が見えます。渡名喜村防災支援センターの裏が展望デッキへと続く散策道のスタート地点となっており、片道40分程度の時間を要します。

 渡名喜県立自然公園は、渡名喜島のほぼ全域とその周辺海域を平成9年8月に指定しています。
 渡名喜島はいたるところで奇岩が露出するダイナミックで独特の景観を有しています。特に島の東側の長さ200m、高さ80mにおよぶ屏風のようにそそり立つ岩壁と高さ179mの岩山(大岳)は、県内でも類を見ない規模のものです。

 自動販売機やトイレは散策道付近にはありませんので、出発前に準備しましょう。
 草が生い茂っている時、雨の後、日が沈んでからはハブと遭遇する危険性が高まるので登らないようにしましょう。
 無風の夏の日は、熱中症などの危険があるのでこまめな水分補給が必要です。

 西森園地は島の北側にあり標高146mの展望デッキからは久米島や粟国島が望め、すぐ西側に平坦な円形の無人島の入砂島が見えます。渡名喜村防災支援センターの裏が展望デッキへと続く散策道のスタート地点となっており、片道40分程度の時間を要します。

 渡名喜県立自然公園は、渡名喜島のほぼ全域とその周辺海域を平成9年8月に指定しています。
 渡名喜島はいたるところで奇岩が露出するダイナミックで独特の景観を有しています。特に島の東側の長さ200m、高さ80mにおよぶ屏風のようにそそり立つ岩壁と高さ179mの岩山(大岳)は、県内でも類を見ない規模のものです。

 自動販売機やトイレは散策道付近にはありませんので、出発前に準備しましょう。
 草が生い茂っている時、雨の後、日が沈んでからはハブと遭遇する危険性が高まるので登らないようにしましょう。
 無風の夏の日は、熱中症などの危険があるのでこまめな水分補給が必要です。

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

トップへ戻る