SPOTスポット

渡名喜島の集落

 フクギの屋敷林と赤瓦の屋根、そして白砂の道など、渡名喜島ならではの雰囲気を感じることができます。

住所

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

渡名喜島の集落

 フクギの屋敷林と赤瓦の屋根、そして白砂の道など、渡名喜島ならではの雰囲気を感じることができます。

 渡名喜島の集落は南北の山の間にある平地に集合して形成されています。フクギの屋敷林と赤瓦の屋根、白砂の道が自然と歴史的景観の風到(豊かなおもむき)を形成しています。さらに、屋敷は1m程度掘り下げられ、周りをフクギの屋敷林が取り囲み暴風等の災害から家屋を守っています。道路は微妙なカーブと食い違いの道路交差、白砂の細い道と緑の空間などによって集落景観を豊かにしています。屋敷には主屋の横に井戸があり後ろにはフール(豚小屋)の跡が残されています。

 渡名喜島で赤瓦葺きの木造建築が最初に建築されたのが1892年(明治25年)で大正時代にはほとんどの家が赤瓦葺きになりました。渡名喜島は沖縄の島々の中でも早い時期に赤瓦の木造建築になっています。鰹漁やイカ漁で財をつくると柱になる木を1本1本購入しそれを何年か蓄え家を建てたといわれています。

 渡名喜島の集落は平成12年5月に歴史的な集落・町並みとして保存すべきもので文化財として価値があるものとして、国の重要伝統的建造物群に選定されました。

 渡名喜島の集落は南北の山の間にある平地に集合して形成されています。フクギの屋敷林と赤瓦の屋根、白砂の道が自然と歴史的景観の風到(豊かなおもむき)を形成しています。さらに、屋敷は1m程度掘り下げられ、周りをフクギの屋敷林が取り囲み暴風等の災害から家屋を守っています。道路は微妙なカーブと食い違いの道路交差、白砂の細い道と緑の空間などによって集落景観を豊かにしています。屋敷には主屋の横に井戸があり後ろにはフール(豚小屋)の跡が残されています。

 渡名喜島で赤瓦葺きの木造建築が最初に建築されたのが1892年(明治25年)で大正時代にはほとんどの家が赤瓦葺きになりました。渡名喜島は沖縄の島々の中でも早い時期に赤瓦の木造建築になっています。鰹漁やイカ漁で財をつくると柱になる木を1本1本購入しそれを何年か蓄え家を建てたといわれています。

 渡名喜島の集落は平成12年5月に歴史的な集落・町並みとして保存すべきもので文化財として価値があるものとして、国の重要伝統的建造物群に選定されました。

〒901-3601
沖縄県渡名喜村

トップへ戻る