SPOTスポット

古宇利島

 人類発祥伝承やハートロックなど、「恋の島」と呼ばれるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。

住所

〒905-0406
沖縄県今帰仁村古宇利島

古宇利島

 人類発祥伝承やハートロックなど、「恋の島」と呼ばれるエメラルドグリーンの海に囲まれた小さな島です。

 古宇利島(こうりじま)は、沖縄本島北部にある屋我地島の北に位置し、面積3.17㎢、周囲7.9㎞、最高点107mのお碗を伏せたような形をした海に囲まれた小さな島です。人類発祥の島として知られ、天帝が初めて人間の男女(姉弟)を地上(島のシラサ岬)に降ろしたロマンに満ちた島、別名「恋島(クイ島)」とも呼ばれています。島の南側に集落が発達しており、タキヌウガン(嶽の御願)や海神祭(ウンジャミ)やサーザーウェーなどの伝統行事が今でも行われています。

 古宇利大橋が開通する前は古宇利島と運天港をフェリーが運航していましたが、平成17年2月に古宇利大橋が開通し車で渡れるようになったことから、沖縄の人気観光スポットになっています。

 島にかかる古宇利大橋は台風時など、風速25m/s以上の場合は通行止めとなります。

 古宇利島(こうりじま)は、沖縄本島北部にある屋我地島の北に位置し、面積3.17㎢、周囲7.9㎞、最高点107mのお碗を伏せたような形をした海に囲まれた小さな島です。人類発祥の島として知られ、天帝が初めて人間の男女(姉弟)を地上(島のシラサ岬)に降ろしたロマンに満ちた島、別名「恋島(クイ島)」とも呼ばれています。島の南側に集落が発達しており、タキヌウガン(嶽の御願)や海神祭(ウンジャミ)やサーザーウェーなどの伝統行事が今でも行われています。

 古宇利大橋が開通する前は古宇利島と運天港をフェリーが運航していましたが、平成17年2月に古宇利大橋が開通し車で渡れるようになったことから、沖縄の人気観光スポットになっています。

 島にかかる古宇利大橋は台風時など、風速25m/s以上の場合は通行止めとなります。

〒905-0406
沖縄県今帰仁村古宇利島

トップへ戻る