SPOTスポット

今泊の集落

 琉球の伝統家屋が建ち並ぶ集落の路地にはフクギの並木が連なっており、沖縄の原風景ともいえる集落景観を目にすることができます。

住所

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

今泊の集落

 琉球の伝統家屋が建ち並ぶ集落の路地にはフクギの並木が連なっており、沖縄の原風景ともいえる集落景観を目にすることができます。

 沖縄県今帰仁村の西部に位置する今泊集落は、世界遺産今帰仁城跡の麓にあり、豊かなフクギ並木の屋敷林に囲まれ、近世琉球における風水地理に基づいて形成された集落形態が現在まで継承されている集落です。かつて今帰仁グスクの門前に存在した2つの旧集落「今帰仁ムラ」と「親泊ムラ」がこの地に集落移動し、それぞれの集落名から一文字ずつ取って「今泊」と名付けられました。

 今泊集落の海岸部居住地は、近世初期の今帰仁グスク廃城後に、今帰仁グスクに近接した集落、今帰仁ムラと親泊ムラが移転したことによって形成されました。その形態特性は、近世初期を前後する時期の屋敷割の計画性に基づいています。集落形態は時間的変遷で時代を追って変化していきますが、今泊は近世初期の特性をよく残しています。具体的には屈曲した道路線形や食い違いのある交差点、南向きの家屋配置など、琉球列島において発展した風水地理を色濃く残しております。

 今帰仁村今泊のフクギ屋敷林と集落景観は、令和元年10月16日に国選定の重要文化的景観に選定されています。

 沖縄県今帰仁村の西部に位置する今泊集落は、世界遺産今帰仁城跡の麓にあり、豊かなフクギ並木の屋敷林に囲まれ、近世琉球における風水地理に基づいて形成された集落形態が現在まで継承されている集落です。かつて今帰仁グスクの門前に存在した2つの旧集落「今帰仁ムラ」と「親泊ムラ」がこの地に集落移動し、それぞれの集落名から一文字ずつ取って「今泊」と名付けられました。

 今泊集落の海岸部居住地は、近世初期の今帰仁グスク廃城後に、今帰仁グスクに近接した集落、今帰仁ムラと親泊ムラが移転したことによって形成されました。その形態特性は、近世初期を前後する時期の屋敷割の計画性に基づいています。集落形態は時間的変遷で時代を追って変化していきますが、今泊は近世初期の特性をよく残しています。具体的には屈曲した道路線形や食い違いのある交差点、南向きの家屋配置など、琉球列島において発展した風水地理を色濃く残しております。

 今帰仁村今泊のフクギ屋敷林と集落景観は、令和元年10月16日に国選定の重要文化的景観に選定されています。

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊