SPOTスポット

今泊の獅子屋

 豊年祭や旧盆で演じられる獅子舞の獅子を安置している祠です。

住所

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

今泊の獅子屋

 豊年祭や旧盆で演じられる獅子舞の獅子を安置している祠です。

 獅子舞は沖縄県の各地で豊年祭や旧盆に行われている行事で、今泊集落でも旧暦8月11日(ヨーハビの日)と15日の夕方、今泊集落の大道(公民館前の幅員の広いメインストリート)で獅子使いによって演じられています。4年毎に行われる豊年祭では道ジュネ―の重要な役割を果たしています。獅子はデイゴの木でつくられ、胴体はかつてシュロの木などで編まれていましたが、現在はビニールでつくられています。

 獅子屋は公民館近くの旧家に昭和5年に建てられ、獅子を安置していましたが、平成になって現在地に移築されました。

 獅子舞の演技者は獅子使いが1人、獅子(胴体に入る人)が2人、三線弾きが2人で構成されています。

 獅子舞は沖縄県の各地で豊年祭や旧盆に行われている行事で、今泊集落でも旧暦8月11日(ヨーハビの日)と15日の夕方、今泊集落の大道(公民館前の幅員の広いメインストリート)で獅子使いによって演じられています。4年毎に行われる豊年祭では道ジュネ―の重要な役割を果たしています。獅子はデイゴの木でつくられ、胴体はかつてシュロの木などで編まれていましたが、現在はビニールでつくられています。

 獅子屋は公民館近くの旧家に昭和5年に建てられ、獅子を安置していましたが、平成になって現在地に移築されました。

 獅子舞の演技者は獅子使いが1人、獅子(胴体に入る人)が2人、三線弾きが2人で構成されています。

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

トップへ戻る