SPOTスポット

今泊の親川(エーガー)

 現在でも豊かに湧き出る天然の湧水です。

住所

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

今泊の親川(エーガー)

 現在でも豊かに湧き出る天然の湧水です。

 親川とは湧水のことです。今帰仁グスクの近くにあり、現在も水量が豊富で、整備された公園は水辺の空間が広がり、エーガーの水の音が響き渡っています。この地域は地下水が豊富で、昔から日照りでも枯れることなく湧き出しています。かつては、飲み水、洗濯、子供の遊び場として利用されてきました。昭和30年代までは水田が広がり、灌漑用水になっていました。カー拝みと呼ばれる湧水を拝むことが今でも続いており拝む人の姿が見られます。また、今帰仁グスクに至るハンタ道の始点にもなっています。

 現在でも今泊集落の南側で湧き出していて、良好な水質であるため昭和初期までは飲料水として利用されたばかりでなく、今泊の広大な田畑の灌漑用水としての役目を果たしてきました。現在でも豊富な水量があり、今帰仁上りや年中祭祀の拝所となっています。

 今泊の親川は、平成21年7月に国指定史跡(今帰仁城跡追加指定)として追加指定されました。

 親川とは湧水のことです。今帰仁グスクの近くにあり、現在も水量が豊富で、整備された公園は水辺の空間が広がり、エーガーの水の音が響き渡っています。この地域は地下水が豊富で、昔から日照りでも枯れることなく湧き出しています。かつては、飲み水、洗濯、子供の遊び場として利用されてきました。昭和30年代までは水田が広がり、灌漑用水になっていました。カー拝みと呼ばれる湧水を拝むことが今でも続いており拝む人の姿が見られます。また、今帰仁グスクに至るハンタ道の始点にもなっています。

 現在でも今泊集落の南側で湧き出していて、良好な水質であるため昭和初期までは飲料水として利用されたばかりでなく、今泊の広大な田畑の灌漑用水としての役目を果たしてきました。現在でも豊富な水量があり、今帰仁上りや年中祭祀の拝所となっています。

 今泊の親川は、平成21年7月に国指定史跡(今帰仁城跡追加指定)として追加指定されました。

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

トップへ戻る