SPOTスポット

今帰仁ムラ跡

 鬱蒼とした林の中に屋敷囲いの石垣を見ることができます。

住所

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

今帰仁ムラ跡

 鬱蒼とした林の中に屋敷囲いの石垣を見ることができます。

 今帰仁城跡の周辺にはいくつかの集落跡がありましたが、今帰仁ムラは今帰仁城跡下すぐ近くにあったムラのことです。親泊ムラとならんで今帰仁グスクを支えたムラ人が住んでいました。今帰仁ムラ跡には、屋敷囲いの石垣が残されています。石垣に囲まれた空間が屋敷で、一部は発掘調査で14~16世紀の陶磁器、掘立柱建物が確認されています。

 1609年の薩摩侵攻の後、現在の今泊集落にムラ移動しました。今泊は今帰仁の「今」と親泊の「泊」をとって名づけられています。今帰仁ムラ跡では発掘調査が行われ多数の柱穴や土坑、中国産の陶磁器などが発見されています。

 今帰仁ムラ跡は、平成21年7月に国指定史跡(今帰仁城跡追加指定)として追加指定されました。

 今帰仁城跡の周辺にはいくつかの集落跡がありましたが、今帰仁ムラは今帰仁城跡下すぐ近くにあったムラのことです。親泊ムラとならんで今帰仁グスクを支えたムラ人が住んでいました。今帰仁ムラ跡には、屋敷囲いの石垣が残されています。石垣に囲まれた空間が屋敷で、一部は発掘調査で14~16世紀の陶磁器、掘立柱建物が確認されています。

 1609年の薩摩侵攻の後、現在の今泊集落にムラ移動しました。今泊は今帰仁の「今」と親泊の「泊」をとって名づけられています。今帰仁ムラ跡では発掘調査が行われ多数の柱穴や土坑、中国産の陶磁器などが発見されています。

 今帰仁ムラ跡は、平成21年7月に国指定史跡(今帰仁城跡追加指定)として追加指定されました。

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊