SPOTスポット

今帰仁城跡 鳥居

 今帰仁グスク平郎門前にあった鳥居です。

住所

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

今帰仁城跡 鳥居

 今帰仁グスク平郎門前にあった鳥居です。

 戦前に沖縄各地のグスクが皇民化教育の一環として御嶽やグスクが神社と同一化され、鳥居が建立された歴史があります。この鳥居もこのような歴史を支えてくれる貴重な文化財です。このコンクリートの柱は今帰仁城跡にあった鳥居の脚部分です。高さ約7.3m、幅約10.6mの大きな鳥居は、1930年に関西今泊岡山支部などの寄付と大勢の今泊区民が汗を流して建設しました。

 鳥居は神社の神域を象徴する一種の門ですが、沖縄文化には本来無い要素です。一方で、鳥居は戦前において地元によって建立された歴史的遺産でもあります。

 経年劣化でモルタルが剥落していたことから、今泊区、関西今泊郷友会と協議を重ね、記念銘が残る一部を切り取って保存し、歴史文化センターにおいて展示しています。

 戦前に沖縄各地のグスクが皇民化教育の一環として御嶽やグスクが神社と同一化され、鳥居が建立された歴史があります。この鳥居もこのような歴史を支えてくれる貴重な文化財です。このコンクリートの柱は今帰仁城跡にあった鳥居の脚部分です。高さ約7.3m、幅約10.6mの大きな鳥居は、1930年に関西今泊岡山支部などの寄付と大勢の今泊区民が汗を流して建設しました。

 鳥居は神社の神域を象徴する一種の門ですが、沖縄文化には本来無い要素です。一方で、鳥居は戦前において地元によって建立された歴史的遺産でもあります。

 経年劣化でモルタルが剥落していたことから、今泊区、関西今泊郷友会と協議を重ね、記念銘が残る一部を切り取って保存し、歴史文化センターにおいて展示しています。

〒905-0428
沖縄県今帰仁村今泊

トップへ戻る