SPOTスポット

‬ハテの浜

 そこには延々と続くかのような真っ白なサンゴ砂とエメラルドグリーンの海、降り立つとまさに別世界を体感できます。

住所

〒901-3100
沖縄県久米島町

‬ハテの浜

 そこには延々と続くかのような真っ白なサンゴ砂とエメラルドグリーンの海、降り立つとまさに別世界を体感できます。

 久米島の東側、奥武島、オーハ島の沖合に浮かぶ長さ約7㎞にわたり細長く横たわる砂州で、東洋一といわれる真っ白い砂とエメラルドグリーンの世界が広がっています。「メーヌ浜」、「中の浜」、「はての浜」と3つに分かれており、総称して「ハテの浜」と呼ばれています。

 ハテの浜は、「サンゴでできた島」であり、白い砂は「サンゴ砂」と呼ばれ、長い年月をかけて積み重なり、「サンゴ洲島(コーラル・サンド・ケイ)」と呼ばれる白い島を形成しています。そしてサンゴ砂を作り出す正体は、生物の遺骸でサンゴ片や貝殻片、星砂、太陽砂、ウニのトゲなどの摩耗や風化によって砂へと変わっていきます。
 ハテの浜は、サンゴ砂やサンゴ礫が露出しており、台風の影響でしばしばその形状を変化させ、冬と夏、はたまた次の年の夏とでは違った表情を見せます。

 管理海水浴場ではないため、安全管理は自己責任となります。
 シーズン中は、簡易トイレや休憩所(東屋)、売店が設営されています。日差しが非常に強いため、日焼け対策や水分補給、適宜休憩は必須です。

 久米島の東側、奥武島、オーハ島の沖合に浮かぶ長さ約7㎞にわたり細長く横たわる砂州で、東洋一といわれる真っ白い砂とエメラルドグリーンの世界が広がっています。「メーヌ浜」、「中の浜」、「はての浜」と3つに分かれており、総称して「ハテの浜」と呼ばれています。

 ハテの浜は、「サンゴでできた島」であり、白い砂は「サンゴ砂」と呼ばれ、長い年月をかけて積み重なり、「サンゴ洲島(コーラル・サンド・ケイ)」と呼ばれる白い島を形成しています。そしてサンゴ砂を作り出す正体は、生物の遺骸でサンゴ片や貝殻片、星砂、太陽砂、ウニのトゲなどの摩耗や風化によって砂へと変わっていきます。
 ハテの浜は、サンゴ砂やサンゴ礫が露出しており、台風の影響でしばしばその形状を変化させ、冬と夏、はたまた次の年の夏とでは違った表情を見せます。

 管理海水浴場ではないため、安全管理は自己責任となります。
 シーズン中は、簡易トイレや休憩所(東屋)、売店が設営されています。日差しが非常に強いため、日焼け対策や水分補給、適宜休憩は必須です。

〒901-3100
沖縄県久米島町